UEFA会長がルール無視の巨額補強に警告 FFPの罰則適用へ「私は本気だ」

写真拡大

セフェリン会長がFFPを無視するクラブへの制裁に言及

 UEFAのアレクサンドル・セフェリン会長が、競技の公平性を維持するために導入したファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を無視して、収益以上の補強を展開するクラブに重大なペナルティーを課す可能性を明らかにしている。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」が報じている。

「私は本気だ、皆さんもご理解できると思うが。我々は(クラブがルールを遵守するため)手伝っている。我々はアドバイスしているが、(FFPを彼らが守らない場合は)罰するだろう。重大な罰を下すことになるだろう」

 セフェリン会長はこう語ったという。今夏の移籍市場では、これまでの基準を大きく上回る巨額のマネーが飛び交っている。その筆頭がパリ・サンジェルマン(PSG)で、バルセロナのブラジル代表FWネイマールを移籍金史上最高額を大幅に更新する2億2200万ユーロ(約289億円)で獲得した。

 もっともセフェリン会長は、「私はPSGの話をしていない。欧州すべてのクラブについて話をしている。状況を見守っているところだし、移籍市場はまだクローズしていない。信じてほしい。我々は努力している」と具体的なクラブ名は挙げていない。

 PSG以外にも、中国人オーナーが買収したACミランなど大枚を叩いて大型補強を展開するクラブは存在する。UEFA会長の予告通り、FFPを遵守できないクラブに制裁という鉄槌は下されるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images