外国人男子と花火合コン!でも何から何までトホホな展開に…

写真拡大

 今年の夏、出会いにつながりそうなことって、やってみましたか? ところが、ここに頑張ってトライするも、無残に計画が砕け散ったという女性がいます。詳しく話を聞いてみると…。

◆外国人男性との花火大会合コンにワクワク

 都内の広告代理店に勤めるOL・F美さん(24歳)。独身で彼氏募集中である彼女の今年の秘策は、なんといっても花火大会合コンだったとか。

 しかし、女友達3人で気合を入れて企画したはいいものの、合コン相手の男性がなかなか見つからないという事態に。そんな中、メンバーの1人であるK子から朗報がありました。

「海外に留学してた友達のTくんが、外国人の友達を連れて一時帰国することになったというんです! これはちょっと期待できるぞ、とみんな色めき立ちました」

 ちょうどいいことにTくんが帰国するのは花火大会の前日でした。会える算段がつき、花火大会合コンは開催が決定! ともすれば外国人のイケメン彼氏ができるかも!? とワクワクし通しだったとか。

◆やってきたのは縦にも横にもデカいアニメオタクたち

 そして当日。浴衣姿にお寿司やウナギの蒲焼などの和食弁当持参で集まったF美さんたち。まさに気合十分といった出で立ちだったのですが、最寄り駅で待っていてくれたTくんとその一行を見た瞬間、F美さんたちはフリーズしたといいます。

「そこにいたのは、縦にも横にもデカい白人男性3人でした。Tシャツには萌え系アニメのキャラがでかでかとプリントされていて、私たちはそれを見た瞬間『終わった……』と感じました」

 そう、海外からやってきたTくんの友達は、全員が一種の日本文化である“萌え”に魅せられた生粋のアニメオタクたち。

 ただし、ハマりはじめたのが最近のため、日本語はほぼ理解できない状態だったそうです。唯一発音できる日本語はなぜか90年代の漫画のタイトル「電影少女(ビデオガール)」のみ。ビデオガールって日本語じゃないですが……。

「とにかくコミュニケーションくらいとらなきゃと思って、片言の英語を駆使してみたのですが、彼らはギリシャ人だったので英語も通じませんでした」

◆花火におびえるギリシャ人たち…

 もはやお手上げ状態の中、謎の集団と化したF美さんたちは花火大会の会場へ移動。たまたまかなり近くの良い場所を確保でき、ギリシャ人3人も初めての間近で見る大きな花火に感動するかと思いきや……

「音が大きい! 怖い!!」(Tくん通訳)

 と叫んで、遠くに逃げていってしまったのです!

 F美さんたちが用意した弁当にも「酢飯は苦手。ウナギも好きじゃない」と、手をつけず。

 代わりに彼らがTくん宅で作ったという手作りのヨーグルト入りのパンを振る舞われたとか。

「美味しかったけど口の中の水分がすべて持っていかれましたね。口内がカッサカサになりながら、花火を怖がり続けるギリシャ人と眺めた花火……一生忘れません」

◆浴衣よりもホットパンツにクギ付け

 そして花火大会の帰り道、しっかり脚を露出させたホットパンツの女の子グループを見つけた彼らは、その子たちに夢中になってF美さんたちと二次会に行くことはなかったとか……。

「なんか、彼らの中では夏の女の子は肌の露出が多めであって欲しかったようなんです。つまり、張り切って着てきた浴衣も裏目に出たわけなんですよ! いや、別に彼らと付き合いたかったわけではないですけど、なんか悔しくて!」

 合コン相手が斜め上すぎて、トホホになってしまったF美さんの2017年の夏。花火大会合コンは来年またリベンジするそうです。

―夏に起きたトホホなエピソード vol.4―

<TEXT/もちづき千代子 イラスト/鈴木詩子>