【書評】『日本男子♂ 余れるところ』/高橋秀実・著/双葉社/1500円+税

【評者】岩瀬達哉(ノンフィクション作家)

 男性にとって、自信の源であるとともに、大いなるコンプレックスをももたらす「男根」の秘密を、驚くほどの熱心さでもって解き明かした。著者渾身のノンフィクションである。

 多くの男性は、「日本男子の平均値(平常時)」の長さが「8.3センチ」と聞くと、つい定規を当て、その計測結果に一喜一憂してみたくなる。著者もまた計測から取材に取り掛かった。

 しかし女性にとって、大きさは、さほど意味がない。「イク」ことに貪欲な主婦やOLたちへのインタビューが、そのことを実証してくれている。彼女たちは、概して「私のためにこんなに硬く大きくなってる」という膨張率に感激しているからだ。

 行為に身をゆだねているようで、むしろ自ら「イク」というイメージを貪欲に追求しているのだという。だから、「セックスの最中に『早く終われ』と思った時」に、「『イク』と言って、相手をイカせる」こともある。

 ゲイの場合にしろ、「小さい男根に備えて毎日、肛門を締める練習をしている」と、「吸いつくようなアナル」になり、その自己啓発の努力が快楽を増大させるというから、小さくても卑下する必要などないわけだ。

 そもそも「男根」は、生殖器でありながら、古来、共同体社会の象徴としての意味を担ってきた。『日本書紀』に出てくる「三神」のひとり、「国常立尊」は「男根」を指していると言われ、『聖書』の世界でも「男根を権威や権力の象徴」と位置づけることで、社会に安定をもたらしてきた。

 今日でも、「男性器をリアルに再現した」縄文期の石棒が出土した地域では、「撫で神様」として神社に奉納され、「女の人もびっくり仰天してウワーッと笑う。石棒を中心に話すと、場が和やかになり」、「ムラのまとまりができました」というほどご利益がある。

 歴史をさかのぼり、現代をルポすることで辿り着いた先は、思い悩むことなく、ありのままの「男根」を受け入れることで開ける世界がある、という悟りの境地だ。

※週刊ポスト2017年9月1日号