フロイド・メイウェザー【写真:Getty Images】

写真拡大

マクレガーとの“世紀の一戦”に10回TKO勝ち…米紙「再びボックスに立つ理由ない」

 プロボクシング・スーパーウエルター級12回戦(米ラスベガス)は26日、元世界5階級制覇王者フロイド・メイウェザー(米国)が米総合格闘技「UFC」2階級王者コナー・マクレガー(アイルランド)に10回TKO勝ち。デビュー戦から50連勝を飾った。

 世紀の一戦を制したのは、メイウェザーだった。序盤は手数の多い相手をうまく交わしながら、中盤以降に圧倒。そして、10回に一気に畳みかけたところにレフェリーが入り、TKOとなった。

 これを受け、世界のメディアも続々と速報している。

 英紙「ガーディアン」は「フロイド・メイウェザーはコナー・マクレガー相手にボクシングで勝利を収め、50-0で引退」、英紙「ミラー」は「フロイド・メイウェザーはコナー・マクレガーを撃破し、引退を表明。そして、それはこの時代が彼のものであることの主張にもなる」と報じ、メイウェザーを称賛した。

米国でも続々報道「スポーツギャンブル運営はメイウェザーの勝利に安堵のため息」

 さらに、米スポーツ専門テレビ局「ESPN」は「ラスベガスのスポーツギャンブル運営はフロイド・メイウェザーの勝利に安堵のため息」、米地元紙「ニューヨーク・ポスト」は「フロイド・メイウェザーは我々が予想していた通りの戦いを実行してみせた」と報じ、戦前から優位とみられていたメイウェザーの快勝を伝えた。

 一方、米地元紙「USAトゥデー」は「フロイド・メイウェザーが再びボックスに立つ理由はもはやない」と50戦全勝で引退を表明したレジェンドを手放しで絶賛していた。

 世界のメディアに注目され続けていた一戦は、その話題性の高さを示すように、各国で続々と「メイウェザー勝利」が報じられている。