ジエ、苦しみながらもその高い実力で他の選手を振り切った(撮影:岩本芳弘)

写真拡大

<ニトリレディス 最終日◇27日◇小樽カントリー倶楽部(6,548ヤード・パー72)>
国内女子ツアー「ニトリレディス」の最終日。首位から出た申ジエ(韓国)が途中スロープレーで警告を受け、スコアを落とすなど苦しんだがトータル10アンダーで逃げ切り今季初優勝を挙げた。ツアー通算は14勝目。
コースから撮れたてを直送!美人プロの特選写真は「ライブフォト」で
2打差の2位にはベイブ・リュウ(台湾)、3打差の3位にはイ・ミニョン(韓国)が入った。途中一打差にまで競ったイ・チヒ(韓国)は終盤にスコアを落しトータル5アンダー4位に終わった。
日本勢の最高位はトータル4アンダー5位の鈴木愛。森田理香子はトータル3アンダーの6位タイ、アン・シネはトータル7オーバー44位タイで競技を終えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

セクシーカットも!女子プロたちの特選フォトは「写真館」で
申ジエは首位快走もちょっぴり不満顔、そのワケは?
オデッセイの『赤パター』使用者第1号、申ジエが久々の上位フィニッシュ
“針の穴”を通すリカバリーで森田理香子が8位タイに浮上!
プロのSNSをのぞき見!女子プロファンへの感謝の気持ち