一方で、痛風の発症自体が必ずしも尿酸値の高い、低いで決定づけられるとは一概に言えないという説もある。そこで、痛風の発症メカニズムについて、もう少し詳しく触れておこう。
 「血液中の尿酸値が高い状態が続くと、関節などに尿酸が溜まって結晶化します。それが剥がれ落ちたとき、白血球が結晶を“異物”と認識して攻撃してしまい、その際に激しい痛みが発作として表れるのです」(同)

 一般的に尿酸の蓄積は健康診断でも示されるが、『日本痛風・核酸代謝学会』のガイドラインでは、血中尿酸濃度が7mg/dlを超えると、年齢・性別を問わず「高尿酸血症」と定義されている。つまり、痛風予備軍の仲間入りをするとしているのだ。
 「ただし、尿酸値が“7”を超えると尿酸が結晶化しやすいとはいえ、この数値はあくまで目安です。臨床の現場では、7未満でも痛風発作を起こす人がいる。そのため、“7”という数値で線引きするという考えは改めるべきです」(同学会関係者)

 また、東京都多摩総合医療センター内科担当医も、痛風の発作と尿酸値の関係について、こう説明する。
 「よく言われますが、尿酸値さえ下げれば痛風は起こらない、という考えは間違いです。複数の調査で、尿酸値が高い人は、もともと末期腎不全などの腎機能障害や心血管障害のリスクが高いことが分かっている。こうした患者は、痛風患者と違って命に関わる病気ですので、治療も人工透析が必要です。しかし、『尿酸値が高いから腎機能障害や心血管障害が起きる』、あるいは『腎機能障害が起きているから尿酸値が高い』、『腎機能障害のせいで心血管障害を起こしやすい』については、まだはっきりと分からないところがあります。言えるのは、こうした機能障害を防ぐには、生活習慣を見直し、尿酸の“低値”を目標にすべきということです」
 つまり、痛風には未解明の部分があるものの、尿酸値が高いと言われたからといって、直ちに痛風に結び付けるのではなく、むしろ心血管障害などのリスクを負っていることも念頭に置くべきということだ。

 厚生労働省の国民生活基礎調査(2015年)では、痛風で通院している患者は全国で約96万人で、10年前に比べると4倍近く増加していることが分かる。そのうち男性が約9割を占め、発症は30代が最多で20代もまれではない。
 生活習慣病の予防アドバイザーの健康管理士・長剛正氏は言う。
 「痛風の発症には、遺伝的な体質と食生活などの環境要因が絡んでいると思います。食事で注意すべきは、プリン体の摂り過ぎ。動物の内臓や魚の干し物、白子などに多く含まれます。もちろん、ビールもプリン体を含み、痛風の原因と言われますが、そもそもアルコールのすべてが、体内で尿酸を大量に作り、尿酸の排泄を妨げます。ビールに限らず飲み過ぎは避けることです」

 肝臓や腎臓は、尿酸を体外に排出する働きを持つが、ビールを毎日のように多量に飲んでいると疲弊し、尿酸の排出機能は低下する。ビールが痛風の“原因”と言われるのも、その状態で蓄積される上に排出が抑制されるという負の連鎖が起こりやすいためだ。
 豆腐や枝豆、鳥のささみなどのつまみを食べながら、適量でたしなむ…それが美味いビールを飲み続けられる秘訣だ。