[写真]マクレガーにTKO勝ちしたメイウェザー(左)(ロイター/アフロ)

写真拡大

プロボクシングの49戦無敗の元5階級王者、フロイド・メイウェザー・ジュニア(40、アメリカ)と総合格闘技UFCの2階級王者、コナー・マクレガー(29、アイルランド)がボクシングルールで対決するスーパーウェルター級12回戦が26日(日本時間27日)、米国ラスベガスのTモバイル・アリーナで行われ、戦前の予想通りにメイウェザーが10回1分5秒にTKOで勝利した。2年のブランクが不安視されていたメイウェザーだが、往来のスピード重視ではなくガードを固めて接近戦を挑むという真っ向勝負のファイトスタイルで、初のボクシングルールでの試合となったマクレガーを中盤から圧倒。10ラウンドに強烈な右ストレートから一気にラッシュをかけるとレフェリーが間に入って試合を止めてTKOを宣言した。

 マクレガーがアイルランド国旗をはおって先に入場。メイウェザーは、賭けの対象にもなっていた友人のジャスティン・ビーバーを伴うことなく、黒いマスクをする異様なスタイルで入場した。

 マクレガーに歓声、メイウェザーにブーイングが交錯した。

 注目の第1ラウンド。マクレガーは、UFCと同じくスタンスを大きくとった独特の左構えから、右手で距離を作りながら前に出る。メイウェザーはガードを固め、ロープを背負って様子見。マクレガーが左を上下に打ち込んでいくが、まだ思い切りは踏み込まない。逆にメイウェザーは、ほとんどパンチを出さなかった。不用意に入ってくるところにマクレガーの左のカウンターのアッパーがヒットした。
 
 前日計量では、体重で1.6キロの差があったが、マクレガーの体格がひと回りも、ふた回りも大きく見える。その体格差とリーチが気になるのか、メイウェザーはなかなかチャンスを見出せない。序盤は手数でマクレガーのペースだ。
 3ラウンド、マクレガーの後頭部へ上から鉄槌のように振り下ろすパンチをレフェリーが注意した。

 4ラウンドに入るとメイウェザーがプレッシャーをかける。距離をつめて攻撃に転じた。ダッキング技術でパンチを外しながら、至近距離からショートのコンビネーションブローを繰り出すと、マクレガーが後退した。5ラウンドも、メイウェザーはガードを固めながら前に出てリング中央での戦いを挑む。右のボディストレートがヒット。メイウェザーが見切ったようにペースを奪い返す。このラウンド終了のゴング後に、エキサイトしたメイウェザーがマクレガーを突き飛ばすシーンも。

 6ラウンドは、マクレガーが密着戦から背後に回って後ろからパンチを集め、場内はブーイングに包まれた。メイウェザーは、強烈な右ストレートで下がる総合王者を追う。

 戦前の予想では、メイウェザーがスピードとディフェンステクニックで足を使い翻弄するかと思われたが、元5階級王者は、ガードを固めて前に出て、接近戦を挑むという意外な真っ向勝負を仕掛けた。

 7ラウンドも右がマクレガーの顔面をとらえ、UFC王者は苦しくなった。後退を余儀なくされるマクレガーは、パンチが手打ちになり、ダメージを与えることができない。
 
 9ラウンド、劣勢のマクレガーはゴングと同時に勝負。前に出てボディを打ち込むが、レフェリーは「ローブロー」を注意した。ニヤッと笑ったメイウェザーは、面白いように右ストレートパンチを浴びせ続け、マクレガーは、ほぼグロッキー。クリンチで逃げるしか手がなくなってきた。

 10ラウンドに入るとメイウェザーがラッシュ。右ストレートで大きくよろけさせた。最後は左フックが効き、マクレガーが反撃ができなくなると、ダウンシーンはなかったがレフェリーが間に入って試合をストップ。メイウェザーのTKO勝利となった。

 試合後、メイウェザーは綺麗な顔をしていた。

「マクレガーはタフなファイターだった。彼は予想以上に強く、様々な角度から攻めてきた。序盤に手を出さずに見ていたのは戦略。時間をかけて、相手にすべての攻撃を出させる戦略だった。最後に重いパンチを出していこうと考えていた。総合格闘技は長くても25分間しか戦わないから、その後は、スローダウンすると予想していた。すべては戦略通り。真っ向勝負で攻めるつもりだった。これが私にとって本当の最後の試合。本当です」。改めてこの試合を最後に引退することを明らかにした。

 一方のマクレガーは、「序盤はパンチを出せて、自分のペースだったが、彼に脱帽だ。あんなにパワフルでスピードがあるとは。本当にすごいボクサー。ラウンドを追うごとにパンチが強くなっていた。さすがだ。50戦50勝の数字がモノを言うボクサーだと思う。何も言えない」と素直に負けを認めた。

 だが、ダウンを奪われることなく、止められた10ラウンドについては「接戦だったと思う。クビに顎にパンチを当てた。(ストップシーンは)あれはダメージではなく疲れて足が止まっただけ。もっと続けさせてもらいたかった」と、強がった。今後の展開については「UFCに戻る」と宣言した。

 メイウェザーは2015年5月に全世界の注目を集めたマニー・パッキャオとの3団体統一戦に判定勝利すると、同年9月のアンドレ・ベルト戦の判定勝利を最後に引退した。これが伝説のヘビー級王者、ロッキー・マルシアノの記録に並ぶ49戦49勝目だったが、このマクレガー戦で50勝無敗となり、伝説の王者の記録を更新することになった。メイウェザーは、「勝利は勝利。ファンがいないとできない記録だ。マルシアノは伝説のボクサー。私も将来殿堂入りするかも」と、記録についてコメントした。

 ボクシング初挑戦となったマクレガーは、やはりスタミナもボクシング技術も未熟でメイウェザーに比べると雲泥の差だった。対格差を生かすことができず、メイウェザーに完全にパンチを見切られてたいた。異種対決に注目は集まったが、ボクシングの試合のレベルとしては決して高いものではなかった。