北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は26日、複数の米軍高官らが訪韓したことに対し「北侵戦争の導火線に火をつけようとする危険極まりない」ものであると非難する論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

21日から米韓合同軍事演習「乙支(ウルチ)フリーダム・ガーディアン」が始まったのに合わせ、米国からハリス太平洋軍司令官、ハイテン戦略軍司令官、グリーブス国防総省ミサイル防衛局長が訪韓した。ハイテン司令官は、戦略爆撃機などの朝鮮半島への展開を統括し、ハリス司令官は朝鮮半島有事の際に米国の増援戦力の展開を指揮。グリーブス局長は米ミサイル防衛(MD)戦力増援に関与する。

こうした要人3人が同時に訪韓するのは異例で、北朝鮮に対し米韓同盟の強固さを見せつける狙いがあった。

論評はこれを受けて、「今、朝鮮半島には米国のヒステリックな戦争狂気によって最悪の重大な危機局面が生じている」と指摘。

続けて「このような時に、米帝侵略軍の頭目らが次々と南朝鮮を訪れてかいらいをあおり立て、戦争熱を鼓吹しながら奔走するのは事実上、火薬庫のそばで火遊びをするようなきわめて危険な妄動である」と強く反発した。