新しい勤め先を探すときに欠かせない“履歴書”。現在のポジション(飼い主)から離れなくてはいけなくなったものの、完璧な履歴書で新たな居場所を見つけたワンコがいる。

それが4歳のモーグリちゃんだ。

非常に賢く、楽しいことが大好きなルワンダ出身の犬が、新しい親友、そして長期間の両親を求めています。

新しいポジションでは、私の忠実さ、おバカさ、愛する能力、疾走力、そして麗しい見た目を活かしたいです。

から始まる、彼女の履歴書にはどんなことが書かれているのだろうか。

3回目の転職活動

履歴書によると、ルワンダ生まれのモーグリちゃんが新しいポジションを求めるのはこれで3回目。

ルワンダからアメリカに帰り、ニューヨーク市内の大学に通うことになったもともとの飼い主が、十分なお金や時間がないことから、よりよい生活が与えられる里親を探すことになったのが、4年間在籍したポジション「村の人気者職」を離れることになった理由だ。

2回目の理由は、埋めようのないネコとの軋轢が理由だったそうだ。不利になってしまう理由を明確にしていることも、信頼できるポイントだ。リスを追いかけ、家の周囲から追い出したという実績もある。

そして一番最近の理由は、飼い主がパイロットとなり引っ越しが決まったからだという。スペイン語圏の飼い主だったため、簡単なスペイン語を習得したそうだ。

「かわいさ100%」

75%のジャーマンシェパード、25%のルワンダの野良犬の血を引くモーグリちゃんは、「かわいさ100%」としっかり主張している。

この履歴書は8月25日、TwitterユーザーのMegan Frantzさんにより投稿されたもの。彼女の親友を助けるために、彼氏が作ったのだという。

愛されてきたモーグリちゃん

モーグリちゃんが雇用主(飼い主)と良い関係を築けるということは、この履歴書を作るきっかけを聞くとよくわかる。

モーグリちゃんの新しい飼い主を探していたのは、パイロットになった飼い主でも、リスを追い出してもらった飼い主でもなく、ルワンダで4年間一緒に暮らしたオリジナルの飼い主。

離れてからもずっと、モーグリちゃんの幸せを願っているのだ。

この履歴書のおかげで、すでにモーグリちゃんには新しい飼い主が見つかったという。