織田信長、豊臣秀吉、徳川家康――。テレビドラマや映画で描かれる、戦国時代に活躍した武将たちは、身にまとう甲胄(かっちゅう)や武具、のぼり旗などで、自軍の個性や精強さをアピールしていたとされます。乱世を生きた戦国武将たちの間には、戦況を有利に運ぶためのカラー戦略や、それに基づく流行色がありました。オトナンサー編集部では、カラー&イメージコンサルタントの花岡ふみよさんに聞きました。

進出色であり、膨張色でもある「赤」

 花岡さんによると、戦国武将に最も人気があったとされる色は「赤」。そして、赤が持つ色彩効果を最大限に活用するための手法に「赤備え(あかぞなえ)」があります。

「赤備えとは、戦国時代の軍団編成における統一色の一つ。戦国時代の戦法は、槍や鉄砲を携えた歩兵の大群による集団戦であったため、戦場での識別性を高める工夫として甲胄や旗指物(はたさしもの)を赤で統一する部隊が存在しました」(花岡さん)

 この赤備えを採用した武将として最も有名なのは、「武田の赤備え」と呼ばれ名をはせた武田信玄。ほかにも、2016年のNHK大河ドラマ「真田丸」で注目を集めた真田幸村や、「赤鬼」と呼ばれる部隊を従えた井伊直政も、赤備えを取り入れていたことで知られます。当時、赤の顔料は高価であったため「赤備え=富と権力を持った有力大名が従える精鋭部隊」というイメージが定着していったそうです。

 ではなぜ、信玄をはじめとする戦国武将たちは、兵装に赤を採用したのでしょうか。

「当時は『青備え』や『黒備え』などの部隊も存在していました。赤は、前に出ているように見える『進出色』であり、また、実際よりも大きく見せる『膨張色』でもあるため、戦場において青や黒より非常に目立ち、実数以上に多くの軍勢を率いているように見せる効果があったと考えられます。そして、興奮や士気を高めたり、見る者に注意を促したりする心理効果を持つ赤に身を包むことで、軍の精強さを誇示し、敵を威嚇(いかく)する作用も期待されていたでしょう」

権力や富を誇示するための陣羽織

 甲胄のほかにも、戦場を赤く彩った装いがあります。戦場での防寒着として鎧の上から着用されていた「陣羽織(じんばおり)」です。

 戦国武将は、南蛮人によって日本に渡ったとされる羅紗(らしゃ)や天鵞絨(びろうど)などの染織物を陣羽織に仕立てて着用していました。この陣羽織に使われていた中で最も貴重な色が「猩猩緋(しょうじょうひ)」と呼ばれる日本の伝統色です。

「猩猩緋は、黄みのある鮮やかな赤色のこと。スペインやポルトガルとの南蛮貿易によって日本にもたらされた室町時代後期以降に流行しました。色名は、中国古典に登場する猿に似た霊獣『猩々』の赤い血が材料だと信じられていたことに由来しますが、実際の染料はコチニールカイガラムシやケルメスといった虫を原料に抽出され、非常に珍重されたようです」

 猩猩緋の羅紗や天鵞絨は極めて希少価値が高く、信長や秀吉などの有名な武将がこぞって陣羽織に仕立て、権力や富を誇示していたとされています。豪華絢爛な意匠に加え、強く鮮やかな原色と異色の組み合わせがふんだんに使用されていた戦国時代の陣羽織からは、平安時代の貴族とは異なる色彩感覚が垣間見えるそうです。

(オトナンサー編集部)

【画像】上田駅前に建つ真田幸村像

上田駅前に建つ真田幸村像(上田市マルチメディア情報センター提供)

この画像の記事を読む