【ソウル聯合ニュース】第18回韓国・北陸(日本)経済交流会議が慶尚北道安東市で28日に開催される。

 同会議は日本の北陸地域と韓国間の貿易・投資・産業技術分野の経済交流拡大を目的に、2000年から毎年両国で交互に開かれている。

 韓国産業通商資源部によると、今年は地域活性化、少子化、高齢化など共通課題の解決に向けた地方間の協力をテーマに開催される。地域活性化政策などについて協議が行われるほか、北陸地域の企業と韓国企業の1対1ビジネス商談会も開かれる。

 韓国からは慶尚北道、江原道、大邱市など地方自治体や慶北大の関係者、企業関係者らが、日本からは自治体、日本貿易振興機構(JETRO)など経済団体の関係者が出席する予定だ。