8月24日(木)、ホンダウエルカムプラザ青山で「Jenson Button FAN Meeting〜SUZUKA1000km THE FINAL〜」が開催されました。

2009年F1ワールドチャンピオンのジェンソン・バトン選手は、8月27日(日)に鈴鹿サーキットで開催される「SUPER GT Round6 第46回 インターナショナル SUZUKA 1000km」にTEAM MUGEN(GT500クラス)からスポット参戦するために来日。平日にも関わらず、バトン選手を一目見ようと会場には応援グッズを持ったファンが大勢かけつけました。

「日本のファンの皆さん、そしてホンダは自分のレース人生の中で特別な存在です。今日このような時間を過ごす事ができることを嬉しく思います」とオープニングトークでファンに向けてメッセージを送ったバトン選手は、イベント前夜に東京を満喫したようです。

「昨日の夜、仲間と一緒に外国人観光客に人気のマリオカート(レンタル公道カート)に乗って東京観光をしました。凄くやってみたかったことだったので、とても楽しかったです。シリアスな週末を迎えるにあたり、ちょっとした息抜きにもなりました」

この様子はバトン選手のインスタグラムにもアップされていましたよね。バトン御一行様はマリオに出てくるキャラクターのコスチュームを着てカートに乗っていたのですが、バトン選手はなぜかピーチ姫。「似合っているけど、なぜお姫様?」と少し不思議に思っていましたが、「それが唯一残っていた衣装だった」からだそうです。

鈴鹿1000kmに向けて6月と7月に行われたテストに参加したバトン選手は、マシンの印象について以下のように語りました。

「テストでレーシングトラックを走った時に、レーシングドライバーとして正に限界まで攻めることができるようなレーシングマシンだなと思いました」

2つのクラスが混走するスーパーGTでは、オーバーテイクを多く見られることも魅力のひとつ。バトン選手が考えているオーバーテイクポイントは一体どこなのでしょうか。

「スーパーGTでのオーバーテイクはF1同様に難しいものがあります。GT500クラスのマシン同士の争いの中でGT300クラスのマシンもオーバーテイクをしていかなければいけない、そのような駆け引きは凄く難しくなってくるでしょうね。自分が考えるオーバーテイクのポイントは1コーナー、ヘアピン、スプーン、その辺りが見所になってくるのかなと思いますし、シケインも勝負の決めてとなるポイントかなと思います」

鈴鹿1000kmを現地観戦する方、バトン選手が考えるオーバーテイクポイントで観戦すれば、より一層レースを楽しめるかもしれませんよ!

また、スーパーGTで初めてトライすることもたくさんあったのだとか。

「たとえば、ピットストップの時にドライバー交代があります。自分がマシンから降りて次のドライバーが乗り込むのを手伝うなど、今までやったことがありません。F1ではチームメイトが最大のライバルですが、スーパーGTでは力を合わせて一緒に戦う。全てのことが新しいことばかりで、すごくワクワクしています」

F1では各ドライバーの体系に合わせたコックピットが作られますが、スーパーGTでは体系の違うチームメイトとマシンをシェアしなければいけません。そのことについてバトン選手は

「最初、体を縮こめながら乗らなくてはいけないのかなと心配していましたが、できるだけペダルとステアリングを遠くにしたら大丈夫でした」

と実際に「そこまで小さくなるか!?」と言いたくなるくらい体を小さくしながら説明するバトン選手のお茶目な姿も、また素敵でした。

 

鈴鹿1000kmに向けて2011年F1日本GPを制した時と同じデザインのスペシャルヘルメットを新たに作ったバトン選手ですが、作ったのはヘルメットだけではありません!

この日バトン選手が着ていた「ジェイビー」と大きく書かれたスペシャルTシャツも鈴鹿1000kmのために作成。後ろには「SUZUKA 1000km THE FINAL 1966-2017」の文字もあり、とってもかっこいいんです!!

どうやらバトン選手もお気に入りのようで「数に限りがあるので、どのくらい売れるのか凄く楽しみです」とニコニコ。皆さん、バトン選手からのさりげないメッセージは伝わりましたか? こう言われたなら仕方ない。ええ、もちろん買いますとも!

レース本番はこのスペシャルTシャツを着てバトン選手を応援しましょう! そしてTシャツ完売でバトン選手を驚かせたいですね。

イベント後半には、スペシャルゲストにチームメイトの武藤英紀選手と中嶋大祐選手が登場しました。

バトン選手がチームに加わり「レース中、ピットのまわりにもの凄い人数のファンの方が集まるのでは」と心配する中嶋選手。すると、武藤選手がテスト中の切ないエピソードを話してくれましたよ。

「テストの時から凄い人でした。でも、自分たちが扉を開けても何も反応してもらえなくて寂しかったです……。嘘でもいいから反応してもらえれば、レース中タイムがコンマ2秒速くなります(笑)」

また、中嶋選手は言葉の面でもいつもと違うことがあると言います。

「チームの中で監督やエンジニアさんが英語でのやり取りが慣れていないこともあって、テストの最中も僕が通訳するようにと頼まれてやっていました。一番近くでジェンソンのコメントを聞くことができて勉強にもなりますし、何より僕自身F1をテレビで見ていたので『ジェンソンがテレビの中で無線でコメントしているところと全く一緒だ!』と感動しましたね」

そして誰もが気になるレースの戦略について、MCの平山みゆきさんが武藤選手に問いかけたところ「さっきメールがきていたけど、うまく開けなかったなぁ」とプロ級なかわし方に会場は大笑いでした。

中嶋選手はバトン選手の決勝での走行について

「通常鈴鹿1000kmの時、第3ドライバーは1スティントのみしか走らないことが多いんですけど、今回は間違いなく違うと思います。たくさん乗る姿を皆さんに見てもらえるんじゃないかと思います」

とコメント。するとつかさずバトン選手からツッコミがはいりました。

「最終スティントだけで良いよ。第1スティントなんて暑すぎて大変! 自分は屋根有りのマシンに慣れていない。F1ではいつも風が吹き抜けてフレッシュエアを感じられていたんだ。二人とも、屋根有りの状況でよく大丈夫だよね」

F1マシンと全く違う形のGTマシンで、高温多湿な日本の夏のレースをどのように乗り越えて行くのかも注目したいところですね。

最後に鈴鹿1000kmへの意気込み、そしてファンの方へメッセージが送られました。

「協力な助っ人のジェンソンが来てくれたので、すごく心強いです。今まで少し厳しいシーズンをおくってきましたが、ここでなんとか流れを変えたいと思っていますので、3人で力を合わせて精一杯1000km走ります。頑張ります!」(武藤選手)

「テストでもそうだったんですけれども、レースでも間違いなく注目されると思いますし、良い結果を残したいと思います。武藤さんとジェンソンと力を合わせて精一杯頑張りますので、応援をよろしくお願いします」(中嶋選手)

「今日は来てくれてありがとう。隣に並んでいる二人の仲間のために、自分はベストな走りを届けたいと思います。ファンの皆さんにも素晴らしい走りになるよう、期待してほしいです。サポートをぜひお願いします。ガンバリマス!」(バトン選手)

チームワーク抜群なトークで会場を盛り上げてくれた3人のドライバー。見ているこちらが笑顔になるほど、仲の良い様子が伝わってきました。バトン選手が加わることでどのような化学反応が起こるのか、今日のレースが本当に楽しみです!

(yuri)

【関連リンク】

SUPER GT SUZUKA1000km THE FINAL公式ホームページ
http://www.suzukacircuit.jp/supergt_s/

ジェンソン・バトンが考えるスーパーGT鈴鹿1000kmでのオーバーテイクポイントは?【Jenson Button FAN Meeting〜SUZUKA1000km THE FINAL〜】(http://clicccar.com/2017/08/27/504100/)