デスクトップやリビングPCとして、背負えばケーブルレスでVRも

写真拡大

日本HP(ヒューレット・パッカード、東京都江東区)は、バッテリー内蔵デスクトップパソコン(PC)「OMEN X by HP Compact Desktop P1000」を2017年9月14日に発売する。

ドッキングステーション、バックパックキットを同梱

3つの形態で利用できる「アダプタブルフォームファクター」を採用。バッテリー充電機能兼用のドッキングステーションと接続すれば省スペース型ゲーミングPCとして利用できるほか、ドッキングステーションを切り離してリビングルームの大型TVに接続することも可能だ。

またバックパックキットを装着して別売のVRヘッドマウントディスプレイと接続すれば、ケーブルの長さや足元に気を遣わずにVRゲームを楽しめる。PC本体と身体との間に空間を作ることで熱が伝わりにくいハーネスを採用。ヘッドホン使用時に疑似サラウンドサウンドで臨場感を高める「DTS Headphone:X」に対応する。

主な仕様は、OS「Windows 10 Home」(64bit)をプレインストール。インテル「Core i7-7820HK」プロセッサー、NVIDIA「GeForce GTX 1080」グラフィックスプロセッサー、メモリーは16GB(最大32GB)、内蔵ストレージは1TB SSD(ソリッド・ステート・ドライブ)を搭載する。IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠の無線LAN、Bluetooth 4.2をサポート。

ドッキングステーション、ハーネス、外付けバッテリー×4、PC接続用バッテリーホルダー、外付けバッテリー充電ステーション、ACアダプターなどが付属する。

価格は34万8000円〜(税別)。