ドルトムント香川に海外メディア及第点 「活動的」に映るも完全復活には「時間が必要」

写真拡大

ヘルタ戦の後半から途中出場、ボス新体制で初のインサイドハーフ起用

 ドルトムントの日本代表MF香川真司は、現地時間26日のブンデスリーガ第2節ヘルタ・ベルリン戦の後半18分から途中出場した。

 香川は得点に絡めなかったものの、チームは2-0で勝利を収めている。海外メディアの選手採点では及第点評価となったが、コンディションが100%に戻るにはまだ時間がかかると指摘されている。

 ドルトムントは前半15分に、MFヌリ・シャヒンのクロスからFWピエール=エメリク・オーバメヤンが先制点。後半12分には先制点をアシストしたシャヒンが、右足の強烈なボレーシュートで追加点を奪った。

 香川は2点リードの後半18分に、MFマリオ・ゲッツェとの交代でピッチに立った。ペーター・ボス監督の下では3トップの左右両サイドでプレーしていたが、この試合では初めてインサイドハーフで起用された。巧みな反転からスルーパスを披露するなど、随所に好プレーも見せてアピールした。

 米スポーツ専門テレビ局「ESPN」のドルトムント番記者による選手採点では、チームワースト2位タイの6点とまずまずの評価となっている。

W杯予選に向けて90分間のプレーに不安残す

「30分間の出場で活動的なように見えたが、彼の調子を完全に取り戻すには、まだまだ多くの時間が必要だ」

 寸評ではこのように、完全復活のためにはまだ時間がかかると分析されている。

 8月12日に行われたドイツ6部・FCリーラジンゲン=アーレンとのDFBポカール1回戦で復帰を果たしたばかりの香川は、3試合連続で途中出場。キレのある動きは見せているものの、実戦でフル出場したのは5月27日の昨季DFBポカール決勝のフランクフルト戦が最後となっている。ロシア・ワールドカップアジア最終予選に臨む日本代表に合流するが、90分間を通したパフォーマンスという面ではまだ不安を残しているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images