苦戦するVRデバイス市場、オキュラスとHTCが相次ぐ値下げ

写真拡大

HTCは8月21日、同社のVR製品のフラッグシップモデル「HTC Vive」の価格を200ドル引き下げるとアナウンスした。HTCの値下げは先月、フェイスブックがオキュラスリフトの値下げに踏み切ったのに続く動きだ。両社はともに、販売価格の引き下げはユーザーのコミュニティを一層強化するためだと説明している。

HTCの今回の発表は名作ゲームの「Doom」をベースとした、VR専用タイトルの発売と重なった。HTC社長のRikard Steiberは「Viveに新たな大型タイトルが加わったことを歓迎する。開発者らは今後、さらに多くのオーディエンスをターゲットにできる。Viveはもはやアーリーアダプター向けの製品ではなくなった」と述べた。

VR製品の売れ行きを調査しているSuperdata ResearchのStephanie Llamasは「HTCはこれまで緻密なプロダクト戦略を練っており、競合の動きに追随して値下げを行うような企業ではないと見なされている。大型タイトルの発売に合わせて価格を下げることで、ユーザー人口を増やし、開発者らにもメリットを与えることができる」と話す。

一方で、7月10日にオキュラスは、VRヘッドマウントディスプレイOculus Riftと専用コントローラーOculus Touchのセット価格を200ドル引き下げ、399ドルとした。オキュラスのバイスプレジデントのJason Rubinはこれに先立ち、「2017年はVRのコンテンツの時代になる。当社はこれまで2億5000万ドルをコンテンツの増強に向けて投資してきた。今こそ、その成果が実を結ぶ時だ」と筆者に話した。

値下げによって、これまで様子見だった人々が購入を決断するケースも起こるだろう。しかし、それが大きなボリュームに達するかどうかは疑問だ。VRの使用に耐えうる高性能のPCは、世界でわずか2000万台しか普及していないのが現実なのだ。企業らが真剣にVR人口の増大を考えるのであれば、劇的なまでの低価格化が必要だ。しかし、誰もそのことを語ろうとしない。

アーリーアダプター市場から脱出できないVR

VRデバイスは依然としてアーリーアダプター市場にとどまっている。ハイエンドのゲーム対応PCの普及台数が少ないだけでなく、コンテンツのダウンロードに時間がかかる点も障害だ。従来のゲームのように買ってきてすぐに遊べるような製品ではない。ソニーのプレイステーションVRはこの点で一歩先行し、100万台以上を売り上げた。

さらに、この分野では競争も激化している。グーグルのデイドリームに対応し、ケーブル接続無しで稼働するスタンドアロン型のヘッドセットを、HTC自身も発売しようとしており、価格はViveと同程度になる見込みだ。また、レノボもスタンドアロン型ヘッドセットを発売する計画だ。

この2製品はともに、クアルコムのSnapdragonチップを搭載し、遅延の少ないVR体験が可能だ。また、外部カメラも装備するためMR(Mixed Reality )体験も可能になる。スタンドアロン型のVRヘッドセットは従来の製品より安く、快適に使用できるのだ。

さらに、今後の新たな脅威が、マイクロソフトが間もなくWindows MRヘッドセットをリリースすることだ。Firefoxも先日、VRブラウザを発表したがAcerもWindows 10のプラットフォーム向けに300ドルでVRとMRの双方が楽しめるヘッドセットを投入しようとしている。これらの製品ではハイエンドPC無しでVRやMRが体験できるのだ。

筆者は内部関係者から、HTCやオキュラスがさらに進化した先進的なヘッドセットを来年、市場に投入するとの情報を入手している。これらの製品は通常のPCやマックで利用可能で、ブルートゥースの進化版のBLEに対応し、光学性能を増し、音声操作やハンドトラッキングに関してもより進化した操作性を実現する。

次世代のスタンドアロン型VRデバイスが市場に投入されれば、現状のViveやオキュラスはさらなる低価格化へのプレッシャーにさらされるだろう。現行モデルは年末シーズンにかけて、一層の値引きが行われる可能性もある。

オキュラスのRubinはこの噂を否定する。「オキュラスリフトは我々のフラッグシップモデルだ。今後もキラーアプリを投入していく」と彼は述べた。HTC社長のSteiberも「人々はゴシップが大好きだ。もちろん我が社の製品は時間をかけて磨き上げていく」と述べた。

Superdata ResearchのLlamasは筆者に宛てたテキストメッセージで「さらなる値引きを行わない限り、売り上げがさらに低下することは間違いない」と話した。