浜辺にはいろんなものが落ちています。

時には、こんな可愛らしい『落とし物』も…。

柔らかな笑顔

イギリス南部にあるダンジネスの海岸沿いで釣りをしていた、ダレン・ウッドさん。

ウッドさんは、黄土色の小石が転がる浜辺に、似た色の何かが転がっていることに気が付きました。

近づいて見ると、少し光沢のある毛に、あどけない寝顔。

「天使かな?」

野生のアザラシです。

1頭だけでゆったりとした時間を楽しんでいたアザラシは、ウッドさんの視線に気が付くと、あいさつをしてくれました。

警戒心が少しもありません。

「こんな心地よい日には、嫌なヤツなんか寄ってこないさ」と考えていそうな笑顔です。

ウッドさんのカメラに向かってポーズをとってくれるアザラシ。

「1番アザラシらしいポーズを撮らせてあげよう」と思ったのでしょうか。

しなやかな身体ですね!

きっと、ウッドさんの向ける視線が温かかったから、こんな表情を見せてくれたのでしょう。

とっても素敵な出会いでした。

[文・構成/grape編集部]