鉄道路線について、関東と関西の「怖さ」が違う――こんなツイートが2017年7月25日に投稿され、話題になっている。では、どんな投稿なのか、見てみよう。

大阪環状線そのものは、ぐるりと大阪市内を回る路線だ。しかし、同線を走る「大和路快速」に乗って、うっかり寝過ごしてしまうと、関西本線直通で奈良県へ。「紀州路快速」では、阪和線直通で和歌山県へ「連れてかれ」てしまう。関東の人々は、それを怖いと思うようだ。

しかしツイート投稿者によると、関東の方が「よっぽど怖い」という。東京では、JRと東京メトロのほか、西武(東武)と東京メトロ、東急、横浜高速鉄道が直通運転する例もある。このツイートには、とくに関西人から共感の声が出ている。

ツイートへの反応「関西人も最近は怖い」

大和路快速(keyakiさん撮影、Flickrより)

ツイートには、こんな反応が。