北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は26日、「反米対決戦の最後の勝利はわれわれのもの」と主張する署名入りの論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

論説は、「最高指導者金正恩委員長は先軍の霊剣で敵対勢力の悪らつな反共和国圧殺策動を粉砕した」と主張した。

また、「金正恩委員長が白頭山の胆力と度胸、千里眼の英知と卓越した指導で先軍革命の兵器廠をしっかりと固めなかったなら、この地には核戦争の惨禍が十回、百回も浴びせかけられたであろう」と指摘した。

さらに、「米国と南朝鮮のかいらいが『ウルチ・フリーダム・ガーディアン』合同軍事演習に狂奔しているが、それは日を追って強化されるわれわれの威力に対する不安と恐怖を隠すための単なる虚勢にすぎない」と述べた。

その上で、「いかなる逆境が百重、千重折り重なっても、金正恩委員長の指導に従って信念を持って進む先軍朝鮮の力強い進軍を絶対に阻むことはできず、反米対決戦の最後の勝利はわれわれのものである」と強調した。