【ソウル聯合ニュース】韓国外交部の林聖男(イム・ソンナム)第1次官が27日から3日間の日程で訪米する。

 同部は、林次官がサリバン米国務副長官をはじめ国務省やホワイトハウスの高官と会談し、韓米関係・同盟の強化、朝鮮半島情勢、北朝鮮核問題などについて協議する予定だと説明した。

 韓国軍のミサイルに搭載可能な弾頭の重量を制限している韓米ミサイル指針の改定、拡大抑止戦略協議体(EDSCG)の会議開催などについても意見交換が行われるとみられる。