自分の体臭が正直きついことを自覚しているあなた。思いっきり運動して汗びっしょりになったのならまだしも、特に汚れてもいない、体臭ケアは入念に行っているのに依然体臭がきついというあなたは、身体の内側からの臭い対策が必要かもしれません。体臭を防ぐことで知られる食べ物について紹介するので是非参考にしてみてください。

抗酸化力の高い緑黄色野菜

体臭が発生する原因のひとつとされているのが体の酸化。日々わたしたちの体は活動している以上、酸化ストレス、つまり活性酸素発生のリスクにさらされています。この酸化が行き過ぎると、皮膚から分泌されている皮脂をつぎつぎと酸化させ、嫌な臭いのもととなる脂肪酸をどんどん増やしてしまいます。この体の酸化に伴う脂肪酸の発生を抑えるなら、緑黄色野菜のような抗酸化力の高い食べ物を食べるのが効果的です。緑黄色野菜には抗酸化力の高い各種ビタミン、βカロテン、ポリフェノールが豊富に含まれています。肉ばかりを食べる人は体臭がきつく、野菜を食べる人は臭わないといわれるのはこのためです。体臭がきついひとはもっと緑黄色野菜を食べましょう。

腸内環境に良い食物繊維や乳酸菌が含まれる食べ物

腸内環境の悪化も体臭発生の原因のひとつです。腸内環境の悪化、つまり腸内の善玉菌が少なく悪玉菌が多い状態は、腸内に嫌な臭いのもととなる有害物質がみるみる増加していき、やがて体臭や口臭として漏れ出す事態へと発展することがあります。同じ理由で便秘をこじらせると体臭として漏れ出すこともあるのです。(便秘は体臭として外に漏れる)これを防ぐには腸内環境を整える働きをもつ、食物繊維や乳酸菌が含まれる食べ物、具体的には野菜、乳製品、ヨーグルトなどを食べるのが効果的です。ちなみに食物繊維が含まれ善玉菌のエサともなるオリゴ糖も有効な食品のひとつですよ。ヨーグルトに入れて食べるとより効果的な腸内環境対策、及び体臭対策が可能になります。

臭い成分の働きを抑えるアルカリ性食品

体臭の原因となる臭い物質として有名な乳酸やアンモニア。よく汗をかいたとき、汗が服にしみついたとき、アンモニアのような臭いがしますよね。これがまさに臭い物質の影響によるものです。肉類などの酸性食品ばかり食べる人がこうなりやすい傾向にあります。これを防ぐにはずばり酸性に傾いた体をアルカリ性で中和できる食べ物を食べるのが効果的です。具体的にはレモンなどの果物、梅干し、お酢といった、クエン酸が豊富に含まれている食べ物。これらは臭い物質アンモニア、乳酸の発生を抑える働きがあり、体臭予防にもっていこいの食べ物として知られているのです。体臭がきついとお困りのあなたは、これらの食べ物を積極的に食べるよう心がけてはいかがでしょうか。


writer:サプリ編集部