25日、澎湃新聞によると、豪雨の中をバタフライで泳ぐ男性に頭がおかしいとネットユーザーから批判が殺到したものの、真相が発覚して態度を翻している。

写真拡大

2017年8月25日、澎湃新聞によると、豪雨の中をバタフライで泳ぐ男性に頭がおかしいとネットユーザーから批判が殺到したものの、真相が発覚して態度を翻している。

【その他の写真】

23日、台風13号によりマカオ、香港、中国南部は大きな被害に見舞われた。マカオでは8人が死亡、153人が負傷したほか、広い範囲で停電、断水、浸水による被害が出た。責任を取り、気象局局長が引責辞任している。

そうした中、ある男性がネットユーザーの批判を受けた。浸水した街中をバタフライで泳ぐ姿が撮影されネットにアップされたためだ。「頭がおかしい」との批判が殺到したが、後に別のネットユーザーがアップした動画によって、水に流されている人を救おうと必死に泳いでいたことが明らかに。これを受け、ネットユーザーらは態度を一転し、謝罪の言葉を書き込んでいるという。(翻訳・編集/増田聡太郎)