ポルティモネンセ移籍の中島 “惜別弾”ならずも海外挑戦に決意「楽しむために行く」

写真拡大

FC東京ラストゲームは後半35分から出場も…絶妙ループはクロスバーを直撃

 ポルトガル1部のポルティモネンセに期限付き移籍するFC東京の中島翔哉が、26日に行われたJ1第24節、横浜F・マリノス対FC東京に後半35分から途中出場。

 あわや同点弾という場面を作ったものの、ラストゲームは0-1で敗れた。試合後はには「楽しむ」という表現を使い、初の海外挑戦への決意を語った。

 絶妙なループシュートで“惜別弾”のはずが、わずか数センチの差でクロスバーに阻まれた。

「出た時間は短かったですけど、それは当たり前のことなんで。あのシュートを決められれば良かったですけど」

 試合後にこう切り出した中島にとって、青赤のユニフォームを着てのラストマッチ。リオデジャネイロ五輪で日本代表のナンバー10を背負ったヤングガンは、スコアレスで推移する試合を動かす役割を期待されて送り出された。

 しかし、その3分後に横浜のFWウーゴ・ヴィエイラにヘディングシュートを叩き込まれて、先制を許してしまう。この逆境に、中島は遮二無二ゴールを狙いに行った。決定的なシーンを迎えたのが、中島も口にした後半44分だった。

篠田監督もエール「今後の活躍を祈ってる」

 ペナルティーエリア右45度でボールを受けた中島は、細かなボールタッチでマーカーを揺さぶりつつ、相手GKの位置を見極めてループシュートを選択。完全に虚を突いた一撃は鮮やかな弧を描いたが、クロスバーを直撃。FC東京は0-1のまま、タイムアップを迎えた。チームに勝ち点をもたらせず、海を渡ることに中島が悔しさをにじませたのは当然だろう。

 ただ、そんな中島にポルトガルで活躍してもらいたいとの思いを隠さなかったのは、篠田善之監督だ。監督会見で最後の質問が終わり、会見がお開きになりそうになると自らエールを送った。

「中島は今日限りでチームを去るので、良い形で送り出したかったんですが。ただ、彼の今後の活躍を、選手もスタッフもみんな祈ってるので。皆さんも応援してください」

 中島自身も「サッカーを楽しむために行く」と表現したポルトガル挑戦。小柄な体に大きな潜在能力を感じさせるテクニシャンは、ヨーロッパ最西端の国で自らのスタイルで道を切り開く所存だ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images