「豚バラとモロヘイヤのポン酢炒め」 レタスクラブニュースより/プロ料理家:牛尾理恵 撮影:福岡拓

写真拡大

ビタミン豊富な豚肉は夏バテ防止に役立つ王道の食材。夏に出回る量が増えるモロヘイヤも、栄養価が高いことで人気の野菜です。今回はモロヘイヤを使った、つるんと食べやすい豚肉料理をご紹介。栄養満点の豚肉とモロヘイヤの組み合わせは相性もばっちりです。暑さでバテ気味の人は、ぜひ参考にしてみてください。

ほかにもいっぱい!「モロヘイヤのレシピ」をチェック!

■ 【豚バラとモロヘイヤのポン酢炒め】(438Kcal、塩分1.4g、調理時間10分)

<材料・2人分>

豚バラ薄切り肉 200g、モロヘイヤ 1束、黄パプリカ 1/2個、ポン酢じょうゆ 小さじ2、ごま油、塩、こしょう

<作り方>

1. モロヘイヤは葉を摘む。パプリカは横薄切りにする。豚肉は4cm幅に切る。

2. フライパンにごま油小さじ1を熱し、豚肉を入れて炒める。火が通ったら、出てきた脂をペーパータオルで吸い取る。

3. パプリカを加えて炒め、油がまわったらモロヘイヤを加える。モロヘイヤがしんなりしたらポン酢じょうゆ、塩小さじ1/4、こしょう少々を加え、手早く炒め合わせる。モロヘイヤを加えて炒め、かさが減ってきたらすぐに調味料を加え、手早く炒めて仕上げる。

こうばしい香りのごま油でモロヘイヤを炒め、しんなりとしたらすぐに調味料を加えましょう。手早く炒め合わせることで、パプリカとモロヘイヤのシャキシャキ感を残すのがポイントです。

■ 【豚しゃぶのねばねばサラダ】

刻んだモロヘイヤにめかぶを加えて、ねばねば感&食物繊維量をアップ。肉ともやしによくからめていただきましょう。

■ 【モロヘイヤとひき肉、豆腐のレンジ蒸し】

たねは少し粘りけが出るまでよく練ります。水っぽくならないように、豆腐の水きりはしっかりと。

■ 【豚しゃぶやっこ モロヘイヤだし】

いつもは脇役の冷ややっこをメインのおかずに。だしを加えたモロヘイヤは冷蔵庫で冷やしてから盛りつけます。

■ 【豚と根菜のスープ】

根菜がたくさん入った体にやさしいスープ。豚肉は片栗粉をまぶして焼くことでパリッと仕上がり、スープにも程よいとろみがつきます。

モロヘイヤには、むくみに有効なカリウムが豊富に含まれています。クーラーや冷たい飲み物で体が冷えてむくみやすい夏にはもってこいの食材。豚肉とモロヘイヤをたっぷり食べて、厳しい残暑を乗り越えましょう。