“池の水抜き”に挑戦した芦田愛菜/(C)テレビ東京

写真拡大

9月3日(日)に放送される「日曜ビッグバラエティ『緊急SOS!超巨大怪物が出た!出た!池の水ぜんぶ抜く大作戦4』」(夜7:54-9:54ほか、テレビ東京系ほか)に芦田愛菜が出演することが分かった。

【写真を見る】芦田は「次にやってみたいことですか? また池の水を抜きたいですね(笑)!」/(C)テレビ東京

同番組は日本各地の池の水を抜いて、潜んでいる生物を調査するシリーズ第4弾。「モヤモヤさまぁ〜ず2」の伊藤隆行プロデューサーが手掛けることでも知られ、前回放送された第3弾では平均視聴率が9.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と高視聴率を記録した。

そんな番組に芦田が出演することとなった経緯は、7月のとある日、伊藤Pの元へ、ドラマ担当のプロデューサーから1本の電話が入ったことがことの発端だという。そこで「女優の芦田愛菜が池の水を抜きたい、と言っている」というまさかの“逆オファー”があり、出演が実現したのだとか。

そんな芦田が向かったのは、千葉県千葉市にある泉自然公園。「外来種のアカミミガメがめちゃめちゃ増えて困っている。準絶滅危惧種のニホンイシガメがいたといううわさもあり、在来種を守っていきたい!」という要望に応えるため、池の水をぜんぶ抜いてみることに。出てきた生物の中には巨大な貝もいたというが、果たしてどんな“池の水ぜんぶ抜く”となったのか?

■ 芦田愛菜コメント

――この番組に出たいと思ったきっかけとロケを終えての感想を聞かせてください。

そうですね。たまたま番組を見ていたら、「楽しそうだなぁ〜自分もやってみたいな」って。実際に自分で体験してみると、テレビで見ていたとき以上の面白さ……自分の想像を超えました(笑)!

めちゃくちゃ楽しかったです! ワクワクドキドキで、いろいろな魚が見つかるとさらに夢中になってしまいました(笑)。楽しいこともそうなんですけど、外来種から守るという目的もあるので、何か環境の役に立てている感じがして、それもこの番組に出たいなって思った理由の一つです。

でも、外来種が悪いわけではないし(それで駆除されるのもかわいそう)、いろいろ考えさせられました。

――芦田さんも生物が好きなんですよね?

好きです! 今回、池の中にすむ生物を見られたのはとても面白かったです。普段、私が見ることができる生物って地上の生き物や鳥。海の中の生物を見ることだって珍しいのに、池の中の生物を見られるなんて......しかも! 触れることもできてとてもテンションが上がりました(笑)。

特にあの貝! あれにはビックリしましたね! 17個もですよ(笑)。しかもすごく重いんですよ。あれだけ大きくなったのは(今回一緒に作業したNPOの)久保田さんいわく、「栄養分が多いから大きくなったんだろうと。池にとっては良いこと」って。貝が多いと池の水を浄化してくれるみたいで、そういったことを教えてもらえたことも貴重な体験になりました。

この番組に参加したことで、私自身、今後、田んぼとかに行ったときに、「あれはこういう魚だよ」って教えてあげられると思います。次にやってみたいことですか? また池の水を抜きたいですね(笑)!