森本稀哲(もりもと・ひちょり)   1981年1月31日生まれ。東京都出身。小学1年生のときに、汎発性円形脱毛症で髪を失い、人の目を気にする少年時代を過ごす。そんなとき、友だちの誘いをきっかけに野球を始める。野球でよかったのは「帽子をかぶっていられるから」という思いがあるなか、いいプレーをすると周囲から認められ笑われなくなり、徐々に頭角を現す。  帝京高校の主将として第80回全国高校野球選手権大会に出場を果たし、1999年、ドラフト4位で日本ハムファイターズ(現北海道日本ハムファイターズ)に入団。2006年から2008年まで3年連続ゴールデングラブ賞を受賞し、2007年、ベストナインに選ばれる。かつてはコンプレックスだった頭を使うコスプレパフォーマンスや粘り強いプレースタイルなどで話題を呼び、一躍人気者に。その後、2011年、横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)へ移籍。2014年、埼玉西武ライオンズへテスト入団。2015年9月、17年間にわたるプロ野球人生を終え、現役を引退。  通算成績は、1272試合、3497打数904安打、33本塁打、521得点、267打点、106盗塁、打率.259。2006年、2007年はパ・リーグ最多得点。  現在、野球解説やコメンテーターとしてのテレビ・ラジオ出演のほか、大学での講義や講演活動も行っている。森本稀哲twitter @onifukksencho

写真拡大

森本稀哲氏の処女作『気にしない。どんな逆境にも負けない心を強くする習慣』では、少年時代から北海道日本ハムファイターズ、横浜DeNAベイスターズ、埼玉西武ライオンズで迎えた引退試合まで、40にも及ぶエピソードを収録。著者自身が抱えた問題から何を学び、どのように解決してきたのか――ポジティブになれる何かを必ず感じ取ってもらえるはずです! 読後、前向きになれるコンテンツを本書から紹介します。

病気のことを一番イヤがっていたのは自分自身だった

 やがて「もう髪の毛なんて生えなくていいや。これが帝京の森本だ!」と自分のスタイルを確立しようと決意したとたん、僕の体に驚くべき出来事が起こります。

 なんと、念願だった髪の毛が生えてきたんです。

「病は気から」ということわざがありますが、その信憑性は僕が保証します。

 僕が髪を伸ばすとどうなるのか?

 生えてきた髪の毛は、くるくるの天然パーマでした。年配の方は、和田勉さんや、「鉄腕アトム」のお茶の水博士を想像してもらえればわかると思いますが、クジャクが羽を伸ばしたような状態の髪型です。

 僕は「なんか想像と違うな」という気分でした。

 生えてきた喜びよりも、「なんで、ここにきて生えてくるの?」という思いでした。

 剃らなきゃいけない面倒くささを感じながらも、髪の毛が生えてきてからは、毎日T字カミソリで剃っていました。

 よく銭湯に行くと、その行為を見た人が、「血、出ないんですか?」と聞いてきますが、「何年、剃っていると思っているんですか。愚問ですよ」と笑顔で返しています。

 ヒゲ剃りのほうが、よっぽど血が出ます。ヒゲのほうが後から生えてくるようになったので、歴史が違いますからね。

 それにしても、なぜ髪の毛が生えてきたのでしょう。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)