メッシがリーガ通算350ゴール達成! エースの2発でバルセロナが開幕2連勝《リーガエスパニョーラ》

写真拡大

▽バルセロナは26日、リーガエスパニョーラ第2節でアラベスとのアウェイ戦に臨み、2-0で勝利した。

▽開幕節のベティス戦を2-0と快勝スタートを切ったバルセロナは、前節のスタメンから3選手を変更。マスチェラーノ、N・セメド、アルカセルに代わってピケ、イニエスタ、A・ビダルをスタメンで起用した。

▽セルジ・ロベルトを右サイドバック、A・ビダルを右ウイングで起用する[4-3-3]で臨んだバルセロナは5分にデウロフェウが、9分にメッシが枠内シュートを浴びせるアグレッシブな入りを見せる。

▽その後もハーフコートゲームを展開するバルセロナだったが、シュートには持ち込めない。すると31分、ピケのミスパスからカウンターを受けてソブリーノにボックス左へ侵入されて決定的なシュートを許すが、GKテア・シュテーゲンが好守で阻止した。

▽すると38分、右サイドからのメッシのFKに反応したピケがエリーに引っ張られて倒され、PKを獲得。しかし、キッカーのメッシがゴール左を狙ったシュートはGKパチェコにファインセーブで止められてしまう。

▽ハーフタイムにかけても攻めあぐねたバルセロナがゴールレスで迎えた後半、48分にメッシがコントロールシュートでゴールに迫ると、55分に先制した。イニエスタのスルーパスをボックス左で受けたジョルディ・アルバのマイナスの折り返しをメッシが受けてシュート。DFにディフレクトした強烈なシュートがGKの手を弾き、ネットを揺すった。

▽メッシのリーガ通算350ゴール目が生まれたバルセロナは66分に突き放す。アレクシスのパスをアルカセルが頭でカットすると、このボールに反応したボックス中央のメッシが左足ボレーでゴールに突き刺した。

▽その後、74分にメッシのコントロールシュートがバーを直撃したバルセロナだったが、2-0のまま試合を終わらせ開幕2連勝とした。