リオネル・メッシ【写真:Getty Images】

写真拡大

【アラベス 0-2 バルセロナ リーガエスパニョーラ第2節】

 バルセロナは現地時間26日、リーガエスパニョーラ第2節でアラベスと対戦し、アウェイで2-0の勝利を収めた。

 イニエスタが復帰して先発に入ったバルセロナは、新戦力のパウリーニョをベンチに置いてスタート。序盤からボールを支配するが、得点を奪うことはできなかった。

 それでも38分、メッシのFKがゴール前に入ると、ピケが倒されてPKを獲得。先制の絶好機が訪れる。しかし、メッシがこのPKを失敗してしまい、0-0のまま折り返した。

 良くないムードを吹き飛ばしたのは、やはりバルサのエースだった。55分、左サイドをイニエスタとのワンツーで抜けたジョルディ・アルバがグラウンダーのパスを入れると、メッシは相手の前に入ってボールをコントロール。即座に4人の相手選手が詰め寄るが、バルセロナの10番が素早く左足を振り抜いて先制点を決めた。

 66分にもメッシ。ボールを奪ったアラベスが処理にもたつき、パコ・アルカセルがヘディングでのカットに成功すると、そのボールをメッシがゴールに突き刺してリードを広げる。

 2-0で勝利を収めたバルセロナは、開幕2連勝となった。

【得点者】
55分 0-1 メッシ(バルセロナ)
66分 0-2 メッシ(バルセロナ)

text by 編集部