【警告】札幌=なし、仙台=三田(19分)
【退場】なし
【MAN OF THE MATCH】ヘイス(札幌)

写真拡大 (全4枚)

[J1リーグ24節]札幌1-0仙台/8月26日/札幌厚別

【チーム採点・寸評】
札幌 6
ホームスタジアム特有の強風と芝生のラフさを利用し、アバウトな攻撃を徹底。連動性などは皆無だったが、個々の特徴はしっかりと引き出されていた印象。守備に関しては粘り強さを取り戻した印象。
 
 
【札幌|採点・寸評】
GK
25 ク・ソンユン 6
飛び出しのタイミングなどで小さなミスはあったが、全体的には安定したプレーを見せていた印象。
 
DF
15 菊地直哉  6(OUT 79分)
苦しい場面は多かったが、持ち前の冷静さを発揮して守備はもちろん、攻撃の起点としても存在感を示した。
 
4 河合竜二 6
動き出しの遅さにより後手を踏んだが、持ち前の嗅覚の鋭さで危ない場面ではしっかりと対応していた
 
24 福森晃斗 6
得点には至らなかったが、プレースキックの精度はさすが。終盤になっても攻撃参加をするなど、意欲は高かった。
 
MF
26 早坂良太 5.5
久しぶりの出場とあって積極性は見せたが、攻守両面でなかなか持ち味を発揮することができなかった。

32 石川直樹 6
古巣相手に左WBとして粘り強い守備を披露。後半途中には鋭い攻め上がりから惜しいシュートも放つなど、モチベーションは高かった。
 
6 兵藤慎剛 6(OUT 68分)
疲労が蓄積した時期ながらも、貴重な決勝点をアシストするとともに、しっかりとボールを動かしていた。
 
10 宮澤裕樹 6
特徴を出しきったとは必ずしも言えないが、要所で鋭い読みを生かしたプレーでピンチの芽を摘んでいた。
18 チャナティップ 6.5(90+2分)
得点こそ奪えなかったものの、この日も中盤で精力的にボールを運んで攻撃のリーダー役を担っていた。

FW
11 ヘイス 6.5
イージーなミスも時折出てしまっていたが、鋭い動き出しで奪った得点はチームを救う貴重なものだった。
 
9  都倉賢 5.5 
惜しいシュートを放つ場面はあったが、試合全体を通してみると相手の大岩にほぼ歯が立たなかったと言える。
 
交代出場
35 進藤亮佑 (79分IN) 
出場時間こそ多くはなかったが、相手のハイボールに対して力強く対応。試合をしっかりとクローズした。
 
27 荒野拓馬 6(68分IN)
中盤での潰し合いが多かった展開は、この選手が好むもの。持ち前のハードワークを発揮してみせた。
 
38 菅大輝 (90+2分IN)
プレー時間は極めて短かったが、役割自体はしっかりと全うしたと言っていいだろう。攻撃意識も保っていた。
 
監督
四方田修平 6
事前の情報収集で風向きを計算。そうした準備が奏功した格好。先制点を得たことで、選手交代も無難に遂行できた。
 
※MAN OF THE MATCH=取材記者が選定するこの試合の最優秀選手。
※採点は10点満点で「6」を平均とし、「0.5」刻みで評価。
※出場時間が15分未満の選手は原則採点なし。
【チーム採点・寸評】
仙台 5.5
組織としての戦い方は札幌を上回っていたことは間違いない。ただし、相手の地の利を生かしたアバウトな戦いに後手を踏んでしまった印象。クリスランの起用タイミングも若干、遅かった印象を受ける
 
【仙台|採点・寸評】
GK
1 シュミット・ダニエル 5.5
厚別の強風に対して過度に神経質になって印象を受ける。もっと積極的なプレーをしていれば結果も違ったはず。
 
DF
4 蜂須賀孝治 6(OUT 79分)
石川とのマッチアップは互角以上に戦うことができていたが、崩しきるというところまではいけなかった。
 
13 平岡康裕 6
前半だけで4本ものシュートを放つなど積極性を見せた。惜しいシュートもあっただけに、悔やまれるところ。