多くの中国人は結婚適齢期になっても結婚できない娘のことで焦っている一方で、日本人の多くは、結婚しない息子のことで悩んでいる。

写真拡大

多くの中国人は結婚適齢期になっても結婚できない娘のことで焦っている一方で、日本人の多くは、結婚しない息子のことで悩んでいる。(文:関田剛司。瞭望東方周刊掲載)

日本では、50歳まで一度も結婚をしたことがない人の割合を示す「生涯未婚率」が年々上昇しており、その多くが男性だ。総務省が行った2016年度の国勢調査の報告は、15年後、生涯未婚の男性の割合が30%を超えると予想している。つまり、十数年後には、日本の男性の三人に一人が生涯未婚ということになる。日本はもうすぐ正真正銘の「独身男性大国」になるのだ。

その一番大きな原因は、「経済的に苦しい」ということだ。また、「女性との出会いが少ない」というのも大きな原因だ。そして、経済的に余裕があっても、「自由が好き」であるため結婚しない男性も多い。その他、結婚願望が弱まり、独身でいることを選ぶ女性も増えているため、生涯未婚男性の増加に拍車をかけている。

若くて元気な時は、自分で自分のことをするというのは何の苦労もないが、独身のまま高齢になるというのは、考えただけでも不安になる。

独身男性が増加の一途をたどっているのを背景に、日本では現在、そのような男性にアットホームな場所を提供するというのが、新たなビジネスとなっている。

東京の一番北の足立区竹ノ塚に、独身男性ばかりが集まる居酒屋がある。客のほとんどが40-70歳、独身男性で、仕事が終わってからここに来てお酒を飲んでいる。また、土日も午後になると多くの独身男性がやって来て一杯やり、店内はアットホームな雰囲気だ。

独身男性らがここに来る主な理由は、お酒を飲む以外に、おしゃべりができる点であるというのは興味深い。会話の内容のほとんどは政治、経済、女性とは無関係のもので、普段の生活の中のちょっとしたことをしゃべりあって、みんなで気晴らしをしている。

また、囲碁や釣り、写真など、同じ趣味を持つ人が話に花を咲かせ、定期的にさまざまなイベントや旅行を企画している。そして、みんな子供がいないため、「独身基金会」を立ち上げ、お金を集めて助けが必要な人に援助の手を差し伸べているほか、みんなで、誰かが死んだら葬式をあげ、骨を埋めてあげるということまで約束しているという。

一方の日本の独身女性の発想はとてもユニークだ。例えば墓地の値段が高騰することや、自分の意に添わない墓に入れられることを心配し、「墓友女子会」を立ち上げ、一緒に入れる墓を探す独身女性もいる。そして、暇なときに、メンバーと一緒に買った墓地に行って、草むしりをしたり、花を植えたりして、墓地を新居のようにきれいに保っている。

コントのようにも、悲劇にも聞こえる現実の話だ。日本では、現代人が感じている孤独が、癒されることなく、このような形になって表れているのだ。

中国では、今は結婚適齢期になっても結婚できない女性が「剰女」と呼ばれ、社会問題になっているが、近い将来、独身男性が社会問題になる可能性もある。中国では、新生児の男女比率が不均衡である時期が長く、加えて独身女性の割合が増加しているため、20年までに、中国の独身男性はオーストラリアの人口とほぼ同じ数になると予想されている。そのため、中国人も今からちゃんと準備しておかなければならないかもしれない。(提供/人民網日本語版・編集KN)