泥沼のD・コスタについてスペイン代表監督が言及 何を言った

写真拡大

このほど発表されたスペイン代表メンバー。ダビド・ビジャが驚きの復帰を果たした一方、チェルシーFWジエゴ・コスタは招集されなかった。

コスタはアントニオ・コンテ監督との関係がこじれ、今もブラジルの自宅に留まったままで実戦から遠ざかっている。 『ESPN』によれば、フレン・ロペテギ監督は彼についてこう述べていたそうだ。

フレン・ロペテギ(スペイン代表監督)

「コスタはいつもと異なる夏を過ごしており、練習もプレーもしていない。

我々は全員と話したし、全員の個人的な状況をチェックしている。彼らには我々の意見を伝えたし、手助けもしたい。

(コスタについては?)我々が言えることはない状況だというのは確かだ。解決策を見出さなければいけないケースだよ。

今後は、(コスタの状況は)より懸念される。解決策を見定め、シーズンが進んでいく中でどうなるかを見るつもりだ」