オランダで飼われていた高齢のレパード・ツリー・ドッグが、お気に入りにしていた「ぬいぐるみ」。生前は肌身離さず一緒に過ごしていたとのこと。

ところが亡くなる直前にどこかへ隠してしまったようで、飼い主がいくら探しても見つからなかったそうです。

それから2年が過ぎ、思わぬところから見つかりました。

 

encontraram coisas


こちらが見つかったぬいぐるみ。

庭の木の後ろにあったそうで、草が生えて完全に同化していたため、2年も気づかなかったとか。

思わぬタイミングで愛犬との記憶がよみがえり、目頭が熱くなったという飼い主さん。

ところでこの写真だと、何のぬいぐるみかわかりにくいですが……。


もっとわかりやすいアングルで撮影し直したのがこちら。

もともとはグレーで、ゾウさんのぬいぐるみだそうです。

[画像を見る]
これは全く別のぬいぐるみですが、イメージとしてはこんな感じとのこと。

[画像を見る]
こうして線を引けば、ゾウさんだとわかりやすいですね。

【「愛犬が亡くなる直前に隠したぬいぐるみ…2年が過ぎてようやく見つかった」】を全て見る