鹿島に所属する昌子源【写真:Getty Images】

写真拡大

 26日にJ1リーグ第24節の試合が行われ、鹿島アントラーズはセレッソ大阪と対戦し1-0の勝利をおさめた。試合後に鹿島に所属する昌子源が取材に答え試合を振り返った。

 試合開始して88分、右サイドから金崎夢生がゴール前に向けてクロスを入れると、レアンドロがトラップしてから冷静にゴールを決めた。この得点が決勝点となり、鹿島が1-0の勝利をおさめている。

 試合後に昌子は「90分を通してカウンターばっかりな気がして、しんどかったです。前半からセレッソが勢いよく来ていたので、後半は絶対(勢いが)落ちるだろうなと。走っていたので。後半最初の10分くらいたってから、うちが徐々にボールを保持し始めて、けっこう予想通りの展開になりました。でも、中に中に行ってすぐにボールを失ってカウンターを食らうっていう…」と語り、最後に「しんどかったです。本当にしんどかった」とコメントした。

(取材:長坂祐樹、文・構成:編集部)

text by 編集部