今カレとのエッチは、もちろんステキ! でも、元カレがしてくれたあーんなエッチが忘れられない……そんな体験はありませんか? 今回は恋愛心理カウンセラーの筆者が、クライアントさんや友人から聞き込んだ、魅力的な“元カレのエッチ”をご紹介します。

元カレとの忘れられないあーんなエッチ

(1)フルコスプレでなりきりエッチ!

「だいぶ前にもう別れてしまった元カレだけど……」

クライアントT子さんには、忘れられない元カレエッチがあるようで。

「私も彼も、ちょっとしたコスプレイヤーで。そもそもコスプレを通して出会った彼だったので、コスプレエッチはいつかアリかな、とは思っていたんですが……。

彼の発案で、お互いがキャラになりきってのフルコスプレエッチ。

名前ももちろんキャラ名で呼び合うし、シチュエーションも敵に見つかりそうなところとか、戦いに勝った後とか、色々楽しかったし、興奮しました!」

いつもの自分と違う状況を想像したり、妄想するのって、ドキドキしてとっても新鮮味を味わえるんですよね」

しかし、ドキドキしていたのに、別れてしまったということは……?

「途中から、私自身じゃなくて、彼がそのキャラのことばかり見ているような気がして。エッチしているのは私じゃなくてキャラなのかな……と思ったら耐えられなくなりました。

自分も、彼のことを彼氏として見てるのか、キャラとして見てるのか分からなくなりました」

幸せから転がり落ちてしまった、ちょっと辛い経験!

コスプレエッチ自体はスパイスにもなり、悪いものではないですが、キャラのなりきりはほどほどにしておいたほうが良いかもしれません。

(2)ソフトに縛られて……

筆者友人の体験した、ドキドキ元カレエッチといえば……?

「縛られてするの興奮しちゃった! 両手を括られて抵抗できなくて……ソフトだから、痛くはないんだけどね。

恥ずかしいし、彼のものにされてる感じがしてたまらなかった!」

拘束具を使ったプレイは痛そうだし、隠すこともできずに恥ずかしいので嫌だな……と思う女性も多いようですが、上手な男性がやれば痛みはなく、恥ずかしさがほどよい刺激になって、楽しめちゃうみたいですね。

誰かに所有されたい、束縛されたい欲のある女性にはピッタリ!

(3)言葉攻めにガクガク!

こちらは、彼氏とのエッチがいまいち物足りない気がすると言う、クライアントのMさん。

「元カレにはエッチの最中に、私のカラダがどのようにイヤらしいかを細かく言われ、言葉攻め状態でした。

でも後になって思うと、元カレはエッチ中に私のボディについてすごく褒めてくれていて、言葉攻めも恥ずかしいことを言ってるんだけど、“濡れててキレイ”みたいな言い方で……」

ホントにMさんのこと、好きだったんですね!

「ケンカ別れしちゃったけど、損しちゃったかなあって思うことがあります」

男性諸君! 同じ言葉攻めでも、女性に嫌がることを言うのではなく、褒めながらのパターンなら、嫌がられがちな言葉攻めも実現できるかもしれませんよ!

(4)ベランダや非常階段で……

こちらも、クライアントのCさんの体験談です。

「元カレは外が好きみたいな所があって、一度元カレの家のベランダでされちゃった時は、誰も来ないと分かっていても、ものすごくドキドキしました!」

その後、ビルの非常階段で手を出されたときはヒヤヒヤしました。印象には残ってるけど、“誰か来るかも”が気になってそっちは全然でした」

他にも、あわやエレベーターで(だけに?)ボタンを外されてしまうなど、この彼とはヒヤヒヤの連続だったそうです!

お外での冒険はほどほどにしましょうね。

スリル&冒険…たまにはドキドキも!

良くも悪しくも!? エッチって、マンネリ化するのが当たり前のもの。

だからこそ、ドキドキ、スリル満点のエッチは、忘れられないエッチになるんですね。

今カレと安定したエッチを楽しむのも良いけれど、ちょっと飽きてきた……ときに元カレにされた「刺激的なエッチ」を女性は思い出してしまうのかもしれません。