【買ってよかったAir Pods】ユーザー満足度を高める5つの理由

写真拡大 (全8枚)

昨年12月、鳴り物入りで発売されたAir Pods。1万6800円の左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンは、使用者から不満の声が少ないモデルです。「なにがそんなにいいの?」という疑問を解消するべく、購入者がその喜んだポイントをまとめましたのでご覧ください。


使っている人から不満がでない
万能ワイヤレスなんです


イヤホンジャックがないiPhone 7に合わせて登場したAir Pods。左右独立型のワイヤレスイヤホンという、現時点での最新の仕様です。



Apple
AirPods
価格:1万6800円(税別)

お値段が少々張るものの、使用しているユーザーからの不満が少ない万能モデルなのです。ここでは、購入者が買ってよかったと感じているポイントをまとめました。


【よかったポイント 
充電スピードが超速です!


コードレスになり、断線の心配がなくなったのは喜ばしいポイントですが、それに伴って上がってくる心配がバッテリーの問題です。



その点、Air Podsは専用ケースで15分充電するだけで3時間の再生が可能になります。この充電時間が使用時に便利さを痛感させられます。



ケースと一緒に充電しているときでも、イヤホンが先に充電されます。バッテリーがないと使えないのがワイヤレスの弱点ですが、その部分をうまくフォローしているんです。


【よかったポイント◆
接続がラクチンすぎる


iPhoneと接続する場合、蓋を開けただけで接続シークエンスがスタート。「接続」と「完了」をタップするだけで使う事ができるようになっています。



「自動耳検出」がやっぱり便利すぎです。使用中に耳から外すと自動的に音楽が停止し、戻すと再生する。使いやすいのはもちろん、先のバッテリー問題の解決にも役立つ機能です。



Androidでも問題なく使用できます。


【よかったポイント】
専用ケースが有能


Air Podsは小さいから紛失しそう、という不安を解消させた専用ケースが効いています。



お伝えした通り充電機能を備えているうえ、これ自体も非常にコンパクトであるため、一緒に持ち歩くことがクセというか、定番になるのです。紛失とバッテリー、ふたつの問題を解決できます。


【よかったポイントぁ
フィット感がバツグン!


AirPodsはちょこんと耳穴に乗せるだけなので圧迫感が無く、耳が痛くなることもありません。



オープン型で外部の音も察知しやすいので、自宅や(許されるなら)職場で作業中に使用するのに最適です。

多少の動きで落ちることはありませんが、夏場など汗をかく季節のランニングなどにはちょっと注意が必要です。


【よかったポイントァ
サウンドもバッチリ!


オーディオブランドの上位価格帯モデルと比較すると、若干の物足りなさはありますが、ボーカルやメロディラインが聴き取りやすいという特徴があります。

また、バージョンアップによって音質が改善されたとの声も(編集部内ですが)。

わかりやすいサウンド、そして史上最強とも言える使い勝手のよさ。そりゃあ、「買って失敗した」という声も少ないはずです。ちなみに、360.life編集部では2人の編集部員が使用していますが、使用中でも声をかけられたことがわかるので、すぐ反応できます。周囲に迷惑をかけない、という点でもすぐれたイヤホンであるといえます。



360.life(サンロクマルドットライフ)は、テストするモノ誌『MONOQLO』、『LDK』、『家電批評』から誕生したテストする買い物ガイドです。広告ではない、ガチでテストした情報を毎日お届けしています。