【得点経過】
0ー1:レヴァンドフスキ(72分、コマン)
0-2:レヴァンドフスキ(75分、)

【試合後コメント】

アレクサンダー・ヌーリ(監督:ブレーメン)「70分まではとてもいいディフェンスを見せてはいたんだ。しかし2失点目を許したことで、ジ・エンドという感じだったよ。それでも我々は守備に関してはしっかりとしていたと思う。とても精力的にプレーしていた。だからその分、カウンターの場面ではなかなかラストパスが届かなかったんだ」

ミロシュ・ヴェリコヴィッチ(DF:ブレーメン)「確かに僕たちがつかむことができたチャンスというのは少ないものではあった。でもバイエルン戦ならそれをちゃんと活かさないと。前半では何点か決めることは可能だったと思う」


カルロ・アンチェロッティ(監督:バイエルン)「勝利については嬉しく思う。難しい試合だったね。1時間はもんだいを抱え、なかなかスペースを見出すことができなかったよ。監督として改善点という部分は確かに見て取れているのだが、しかしこの世界では結果が全て。勝ち点3が全てなのだ。そしてそれを我々はブレーメンの地で手にすることができた。」

ロベルト・レヴァンドフスキ(FW:バイエルン)「いかにブレーメンがこの試合で、とても守備的に、深い位置で構えていたのか、誰の目にも明らかだったはずだ。そういったなかでは、なかなかスペースというのはそう多く見出せないものだよ」

【先発メンバー】