前半終了間際にはPK獲得かと思われたが……。丹羽は正確なクロスで先制点をお膳立てした。写真:田中研治

写真拡大

[J1リーグ24節]大宮 1-1 広島/8月26日/NACK

 ともに残留圏へ這い上がりたい両チームの対決は、引き分けに終わった。

【大宮1-1広島 PHOTO】引き分けで両チームとも降格圏脱出ならず
 
 前半は大宮が良い流れで試合を進めていたものの無得点で迎えた45分に、試合の行方を左右する判定が生まれる。

 敵陣に攻め込んだ広島は、野上結貴が右サイドの敵陣深くへ入り込んだ丹羽大輝へパスを送る。すると丹羽がトラップしたボールは、ペナルティエリア内で対峙した大宮の河本裕之の手に当たったものの、プレーは続行。丹羽が必死の形相でハンドをアピールしたが、主審には受け入れられない。

 映像では河本の手にボールがしっかり当たっていたシーンが映し出されていたものの、主審、副審ともに選手の死角となっていたためか、結局ハンドとは判定されなかった。

 先制の絶好機を逃した広島だったが、後半に入り53分、再び丹羽が右サイドへ進入。切り返しから左足でクロスを上げると、これをパトリックが頭で合わせ、ゴールに流し込んだ。広島が元ガンバコンビのホットラインで先制に成功する。

 しかし7分後、大宮はFKのチャンスで大山啓輔のクロスに菊地光将が頭で合わせゴールネットを揺らす。

 同点となった試合は、その後決勝点が生まれず、1-1のドローに終わっている。降格圏脱出へ、ともに勝点3の欲しい試合であっただけに、痛み分けの結果となった。