リバプールに所属するママドゥ・サコ【写真:Getty Images】

写真拡大

 リバプールに所属する27歳のフランス代表DFママドゥ・サコ獲得を目指し、ウェスト・ブロムウィッチ(WBA)がクラブ史上最高額のオファーを準備しているようだ。25日に英紙『テレグラフ』が報じている。

 同紙によると、WBAはサコ獲得に向けてクラブ史上最高額となる3000万ポンド(約42億3000万円)のオファーを提示する予定とのこと。仮に獲得が決まれば、プレミアリーグ20チーム中14チームのクラブレコード更新となる。

 サコは今年1月にクリスタル・パレスへ期限付き移籍していた。リーグ戦8試合に出場した後、レンタル移籍期間が終了したため今年6月にリバプールに復帰している。

text by 編集部