ポドルスキは相当にフラストレーションを溜めていた様子。試合中には主審に抗議する場面も。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[J1リーグ24節]磐田2-1神戸/8月26日/ヤマハ
 
 J1リーグ24節の磐田対神戸が26日、ヤマハスタジアムで行なわれ、磐田が2-1で勝利した。

【磐田2-1神戸 PHOTO】川又、直接FKを沈めた松浦の2ゴールで磐田が逆転勝利!

 先制したのは、アウェーの神戸だった。48分、浮き球のスルーパスを受けた小川慶治朗が右サイドから折り返し、中央のルーカス・ポドルスキが左足で合わせて強烈な一発を見舞った。
 
 しかし、その後に磐田が反撃に出る。失点直後の50分に川又堅碁がGKとの1対1を制して同点弾を挙げると、79分に松浦拓弥が直接FKを叩き込んで逆転に成功した。体調不良のため急遽欠場した中村俊輔のお株を奪う見事なFK。このゴールで2-1とした磐田が、そのままリードを守り切り、2試合ぶりの勝点3を得た。
 
 一方の神戸は、期待のポドルスキが今季3点目を決めたものの、後が続かず。初先発のハーフナー・マイクは57分でピッチを去り、チーム得点王の渡邉千真も不発に終わった。
 
 また、89分に途中出場の中坂勇哉が一発退場し、試合後にはフラストレーションを溜めたポドルスキが磐田の選手と小競り合いになり、イエローカードを受ける場面も。後味の悪い黒星を喫した神戸は、直近5試合で1分4敗と苦境に陥っている。