AAA(写真提供:avex)

写真拡大

【AAA/モデルプレス=8月26日】男女6人組パフォーマンスグループ・AAA(トリプル・エー)が26日、東京・味の素スタジアムで開催された国内最大級夏フェス「a-nation」に出演。初のヘッドライナーを務めた。

【さらに写真を見る】“2パターン”のAAA 初登場の「MORE」で同誌史上初の試み

今年で13回目の出演、そして初のヘッドライナーに抜擢されたAAA。歓声に迎えられた6人のステージは「Eighth Wonder」でスタート。力を込めて歌声を届けると、オーディエンスも歓声で呼応する。

そして「最高の夜にしようぜ」など会場を煽り「PARTY IT UP」をクールにパフォーマンスし、ポップなアップチューン「NEW」へ。ステージを駆け巡り、笑顔とともに歌声を届けた。

◆初のヘッドライナーに歓喜


MCでは、リーダーの浦田直也が「改めましてAAAです!」と元気よくあいさつ。そして「いただきました!トリを!」と声を上げ、喜びを爆発させた。宇野実彩子も、暗くなり、ペンライトの明かりに灯された美しい景色を眺め「夢の真っ暗。ペンライト、キレイ」とうっとり。西島隆弘もハイテンションで「好きな人に会えてマジ感謝」と上機嫌だった。

仲睦まじいトークの後には、人気のラブソング「恋音と雨空」を歌唱。その後も、ドラマ主題歌にもなった「MAGIC」をセクシーにパフォーマンスし、息の合ったキレキレのダンスとともに「No Way Back」を披露する。

そして「GAME OVER?」では、トロッコで会場をめぐり、終盤に差しかかったところでミディアムバラードの応援ソング「Yell」を力強く歌い上げた。

ラストナンバーはタオルを回して楽しめる「ハリケーン・リリ、ボストン・マリ」。最後は打ち上げられた花火をひと目見ようと走ってセンターステージに。イベントを大いに盛り上げ、1日目のトリを務め上げた。

◆「a-nation 2017」


今年で16年目を迎え、これまで延べ560万人以上を動員してきた国内最大級夏フェス「a-nation」。今年は26日、27日の2日間にわたり、味の素スタジアムで開催。26日はデビュー後、毎年出演しているAAAが初のヘッドライナーを飾り、超特急、DANCE EARTH PARTY、Da-iCE、EXILE THE SECOND、EXO、lol-エルオーエル-、三浦大知、NCT 127、ピコ太郎 、Red Velvetらが出演。

また27日はBLACKPINK、D-LITE(from BIGBANG)、ET-KING、GENERATIONS from EXILE TRIBE、Happiness、iKON、MY FIRST STORY、TRF、VAMPSらが登場し、浜崎あゆみが通算14度目のヘッドライナーを務める。 (modelpress編集部)

■AAA セットリスト


M1.Eighth Wonder
M2.PARTY IT UP
M3.NEW
M4.恋音と雨空
M5.MAGIC
M6.No Way Back
M7.GAME OVER?
M8.Yell
M9.ハリケーン・リリ、ボストン・マリ

【Not Sponsored 記事】