バルサでのプレーを熱望するコウチーニョ

写真拡大

ボルシア・ドルトムントのウスマン・デンベレとの契約を終え、FCバルセロナはフィリペ・コウチーニョ獲得に向けて本腰を入れている。コウチーニョは今夏の移籍マーケットでのバルサの最優先獲得選手であり、リバプールと幾度となく戦ってきているが、移籍は数日以内に成立させられると考えている。

リバプールはこれまで幾度となくバルサのオファーを断っており、簡単には移籍の実現をさせない構えであり、むしろコウチーニョが売り物ではないともしている。しかし、監督ユルゲン・クロップとコウチーニョの間にある関係はここ数日間で悪化している。

加えて、チャンピオンズリーグのプレーオフのホッフェンハイム戦でコウチーニョ抜きで優れたパフォーマンスを見せたことでコウチーニョが必要ないと考えるファンも増えてきている。実際、リバプールは契約合意に漕ぎつけておらず、コウチーニョは公にバルサでプレーしたいことを示しており、同選手がリバプールで再びプレーすることはないだろう。

全てはバルサとリバプールがお互いを理解するためにアクションを起こす必要がある。交渉の重要な局面にきており、テクニカル・セクレタリオはコウチーニョ獲得を楽観視している。実際に、FCバルセロナはコウチーニョの移籍金に1億5,000万ユーロ(約195億7,000万円)を支払われている。コウチーニョの移籍は最大で移籍金が1億5,000万ユーロにのぼると見られている。