ハビアー・バエス【写真:Getty Images】

写真拡大

敵地騒然、カブス左翼手のクッション処理ミスを遊撃手が圧巻レーザーでフォロー

 米大リーグで左翼手の“自演”と遊撃手の“強肩”が合わさり、圧巻の中継プレーが発生。最後は本塁でアウトにする見事すぎる連携を披露した。敵地が騒然となった様子をMLBが公式ツイッターで動画付きで紹介し、反響を呼んでいる。

 あきらめムードが2人の連携で一変した。カブスが24日(日本時間25日)で迎えた敵地レッズ戦。2-1とリードして迎えた6回無死一塁の守備。左打者ボットが逆方向に大飛球を打ち返した。これを処理したのが、左翼手シュワーバーだ。背走しながら左手のグラブを上げ、思い切って捕球を試みたが、届かなかった。

 シュワーバーは勢い余ってフェンスにぶつかり、一方、ワンバウンドしたボールはフェンスに跳ね返ってセンター方向へ3〜4メートルを転々。本塁生還か――。そう思わせた次の瞬間、ここから見事な連携を見せる。

 処理に時間がかかってしまったのを見て、レッズの一塁走者コザートは一気に三塁を蹴ってホームを狙おうとしていた。ただ、シュワーバーは猛ダッシュでボールに駆け寄り、遊撃手バエスへ送球。すると、強肩で鳴らした名ショートはまるで投手かのような綺麗なフォームで本塁へぶん投げた。

ボールがフェンスに跳ね返ってからわずか7秒…激走の走者も信じられず落胆

 放たれたボールはノーバウンドで間一髪の本塁タッチアウト。まさかのプレーに激走の走者コザートも信じられないといったようにガックリと肩を落とした。

 左翼手シュワーバーのクッションボールの処理ミスによって本塁突入を許しながら、強肩の遊撃手バエスとのコンビネーションでアウトに。ボールがフェンスに跳ね返ってから、わずか7秒という“自作自演”の超ファインプレーとなった。

 MLBも公式ツイッターで一部始終を動画付きで紹介し、最後はバエスがシュワーバーを称えるように指差し、最高の笑顔を見せている。

 この回は無失点に切り抜けながら救援陣の乱調によって、チームは逆転負けを喫したが、バエスとシュワーバーのスーパー連携プレーは敵地のファンの脳裏にも深く刻まれただろう。