アダイウトン(写真)が放ったシュートがDFの手で止められたものの、PK判定とはならず…。前半をスコアレスで折り返した。写真:サッカーダイジェスト

写真拡大

【J1リーグ24節】磐田vs神戸/8月26日(土)/ヤマハスタジアム

 磐田対神戸で疑惑の判定が勃発した。

 問題のシーンは23分、アダイウトンが敵陣ゴール前でボール奪取し、GKの頭上を越すシュートを放つ。ボールは無人のゴールに吸い込まれるかと思われたが、神戸の渡部博文が間一髪でクリアした。

 しかし、映像で確認すると、渡部は手でボールを弾き返していたのがはっきりと映っている。しかし、磐田の選手たちが主審に詰め寄り必死に抗議したものの、PK判定とはならず、そのまま試合は続行された。

取材・文:橋本 啓(サッカーダイジェスト編集部)