商品プレートの漢字間違いでとんでもない物が1000円で売られている――こんなツイートが2017年8月15日に投稿され、話題になっている。

今回投稿されたこちらの画像。スーパーマーケットで売られていた「巨峰」が商品プレートの誤字で、戦艦などに取り付けられる主力武器の「巨砲」になってしまっているのだ。まさかたった1文字漢字が違うだけで美味しい食べ物から一転して、物騒なシロモノに早変わりしてしまっているのが何とも面白い。日本特有の誤字だと言えるだろう。

ツイートへの反応「ついにスーパーで兵器が...」

このツイートには、こんな反響が。

巨砲が1000円で買えるなんて胸があつくなるな......。(ライター:長谷川オルタ)