13年間使っている”破れたブラ”を着用!?女性の「ヒドい下着」の武勇伝4連発!

写真拡大

こんにちは、コラムニストの玉恵です。

意中の彼から急なお誘い…。
嬉しいけれど、心の準備がまだ出来てない?いいえ、心というより下着の準備ができてない……。
そんな経験はありませんか?

皆さんくたくたの下着、いつ捨てていますか?
捨て時がないままついつい持っていて、お誘いの日によりによって着用してきちゃった!
これ、他人事ではないという方も多いのでは。

●(1)普段の下着はぶっちゃけどこまでヒドくなる?

『安さに負けて買った3枚290円の綿のパンツ。仕事に行くのには十分。ただ、柄がサイケすぎるから、人前には晒せない』(24歳/OL)

柄がヒドい下着の時、ありますね。
サイケだったり、ババくさかったり、キャラものだったり…。

『スーパーの小学生用のスポブラとパンツ。もちろんコットン100パーセント。昔のマンガみたいに真ん中にリボン付いてますが、何か』(31歳/経理)

なかなか勇気ありますね。
どうやって購入したのかが気になるところです。

『13年使っている破れたブラと、もともとの白い色がくすんでグレーになったパンツ。絶対に脱ぎません』(37歳/営業)

脱げないではなく脱がない。
確かにそのほうがいいかもしれません。

『洗い替えがなくて兄のトランクス借りたことあります。あれ、涼しいですね!』(21歳/学生)

涼しいですね!ってそんな笑顔で言われても…。
お兄さんも止めてあげたら良いのに。

●(2)誘いはなんとなくでいいから、におわせて!

皆さん匿名だからって赤裸々に語ってくれました。
結構パンチのきいた下着を着ている方も居ましたが、実はやる気のない日や朝時間の無い時ってそんなものですよね。
女性に夢を抱いている男性には、がっかりすぎる事実。

いえいえ、本当は好きな人には可愛い下着を見せたいんです。
常に可愛い下着しか持っていないという、下着の好きな子が居るのも事実。
ですが、ちょっと前日に明日どう?と声をかけてくれたら、その気があれば下着や無駄毛に気を使います。

ただ相手の男性に全く興味がなかったら、女性はゲンキンですから脱がない下着で来ちゃうかもしれませんが。

●ライター/玉恵(ダメンズ専門家)