【三菱 デリカD:5試乗】“ギア”感覚でガンガン使いたい!タフなSUV×ミニバン

写真拡大 (全13枚)

ミニバンならではの優れたユーティリティを備えつつ、本格SUVに匹敵する高い悪路走破性も兼備した三菱「デリカD:5」。

アウトドアスポーツやキャンプといった野外活動派から厚い信頼を集めており、デリカからデリカへと乗り換える、熱心なファンも少なくありません。

現行型のデリカD:5がデビューしたのは、2007年のこと。登場からすでに10年を迎えていますが、その歴史を振り返れば、クリーンディーゼルエンジン搭載車の追加をはじめ、細かな改良が重ねられてきました。その甲斐あって、今日でも使い勝手や性能は一線級。…というか“ミニバンとSUVのクロスオーバー”という存在はデリカD:5しかないこともあり、まさに、ひとり舞台というのが正解なのかもしれません。

そんな孤高の存在であるデリカD:5ですが、先の小変更に合わせて、特別仕様車「ACTIIVE GEAR(アクティブギア)」が追加されました。今回はその特徴と特別装備の数々をご紹介したいと思います。

デビューから10年を迎えたデリカD:5ですが、これまでに数度のマイナーチェンジを受けているほか、数々の特別仕様車が設定されてきました。アクティブギアのご紹介に移る前に、まずはデリカD:5の現行ラインナップについて簡単にご紹介しましょう。

まずはノーマルのD:5に搭載されるエンジンですが、4WD車には最高出力148馬力の2.2リッターディーゼルターボ、最高出力170馬力の2.4リッターガソリンを用意。一方の2WD車は、最高出力150馬力の2リッターガソリンのみ、という設定です。その他、D:5にはスポーティなたたずまいが特徴のモデル「ROADEST(ローデスト)」が用意されますが、エンジンや駆動方式の設定はノーマルと同様です。

今回ご紹介するアクティブギアは、4WD+2.2リッターディーゼルのみの組み合わせですが、キャンプやアウトドアスポーツにガンガン出掛けたい! というオーナーにとっては、まさに“テッパン”の設定といえるでしょう。

メカニズム自体は従来から不変ですし、スペックだけを見れば、1880kgのボディに148馬力で「ロングドライブはツラいかな?」と思われる方もいるかもしれません。

しかし、36.7kg-mという4リッター級のガソリンエンジンに匹敵するトルクのおかげで、街中から高速までパワフルな走りを味わうことができます。また、以前テストドライブした際に計測した燃費は、市街地で9km/L強、高速道路では12km/L前後をコンスタントに記録していたので、お財布を気にせず長距離ドライブへと連れ出せそうです。

さて、アクティブギア最大の特徴といえば、ちょっと特別なエクステリア&インテリアでしょう。外観でまず気づくのは、車体各部に配される“オレンジ”のアクセント。ボディカラーはブラック、グレーメタリック、ホワイトパールの3色が設定されますが、各部のオレンジが差し色としての効果を発揮し、アクティブなイメージを強調しています。

D:5に限らず、ミニバンの1.2BOXスタイルのボディは、ともすれば単調な箱状に映りますが、フォグライトベゼルやサイドミラーなどがオレンジにペイントされたことで、キリリと引き締まって見えます。

このほかアクティブギア専用のエクステリアアイテムとして、アルミホイール(ブラック塗装)/サイドピンストライプ/フロント&リアバンパーアンダーカバー(ダイヤモンドブラックマイカ)/フロントグリル(ダイヤモンドブラックマイカ)などが装備されています。

このほか撮影車には“コンプリートパッケージ”と呼ばれるディーラーオプションが装備されていて、フロントバンパープロテクター(オレンジ文字)/アルミホイールデカール(オレンジ)/サイドガーニッシュ(オレンジ)/リアディフレクター(ダイヤモンドブラックマイカ&オレンジ)/フロアマット(ブラック&オレンジ)がプラスされていました。

個人的には「若々しすぎて照れくさいかも…」というオレンジっぷりではありますが、なかなかの存在感を発揮してくれますし、アウトドアシーンで映えるのは間違いありません。

続いてインテリアに目を向けると、こちらもブラック×オレンジでコーディネートされた空間。大ぶりでクッションのストロークがたっぷりとられたシートはD:5の美点ですが、シート表皮にはオレンジ色のステッチを配したスエード調人工皮革が採用されるなど、ラテン系輸入車を思わせるコーディネートです。

さらに、ヒーターコントロールダイヤルやスピーカーリング、ステアリングホイールなどのディテールにも、しっかりオレンジの差し色を散りばめるという凝りよう。オリジナルのD:5は比較的コンサバなイメージのインテリアでしたが、クルマ本来のキャラクターを考えると、活発で心躍るような色使いこそ似合う、と思ったほどでした。

ちなみに気になる価格ですが、アクティブギアにはMMCSと呼ばれる7インチナビシステム搭載車と非搭載車の2モデルがラインナップされており、前者が393万6600円、後者が376万3800円。オプションのコンプリートパッケージは18万4075円という設定です。

“SUVブーム”や“ミニバンブーム”といわれて久しい昨今ですが、双方の特徴を兼備しながら、ちょっとマニアック&通好みな存在だったデリカD:5。カジュアルでフレンドリーな雰囲気を押し出したアクティブギアは、普段使いから“ここぞ!”というアクティビティまでカバーする、まさにアウトドアギアらしいモデルといえるでしょう。

<SPECIFICATIONS>
☆アクティブギア MMCS装着車
ボディサイズ:L4730×W1795×H1870mm
車重:1880kg
駆動方式:4WD
エンジン:2267cc 直列4気筒 DOHC ディーゼルターボ
トランスミッション:6速AT
最高出力:148馬力/3500回転
最大トルク:36.7kg-m/1500〜2750回転
価格:393万6600円

(文&写真/村田尚之)