ぽつんと咲いた1輪のヒマワリ。いったいどこに咲いていると思いますか?

どんな環境かを知ったなら、感動さえ覚えることかと思います。

なぜなら……。

 

The sunflower in the gutter.


答え:屋根の上の雨どい。

驚くのはまだ早いです。


引いたアングルにすると……。

[画像を見る]
雨どいはこんなに長かった!

雨どいに紛れ込んだヒマワリの種が発芽し、日の光を求め、絶望的な長さを必死に伸びてきたのでしょう。

その甲斐があって、ついには立派な花を咲かせるに至ったのです。

海外掲示板のコメントをご紹介します。

●生命力の勝利。

↑生命は道を見つけるんだ。

●花による違い。
[画像を見る]
バラ:「土のPHが高すぎるわ、もうダメ死ぬ」
タンポポ:「けっ、コンクリートめ!」

●シアトルにはこんな雨どいの建物があるよ、今は咲いてないけど前に満開だったのを見かけた。
[画像を見る]

●それは雨どいに土があって、その上で成長したのか、それとも下のほうから太陽を求めて伸びてきたのか、どちらだろう。

↑きっと上の方じゃないかな。

↑きっと鳥が屋根のどこかに落としたんだよ。雨どいには沈殿物が溜まっていたんだ。そして、ヒマワリはそこから生えている。

●大学の頃に雨どいの掃除屋をしていたが、完全なトマトがなっていることがあったよ。

●そのヒマワリには根があって、排水パイプの下からずっとのびてきたと信じたい。


生命力の神秘を感じますが、鳥が落としてそれが成長したと捉える人が多いようでした。

風景がイギリス風の建物なので、頻繁に雨が降るのも好条件だったようです。

【「このヒマワリの花は…どこに咲いてると思う?」驚くどころか感動してしまう写真】を全て見る