イケメンがモテるのは当たり前。キャーキャーと黄色い声援を浴びては、調子にのってしまうもの。そんなイケメンに女性は心惹かれるものの、本気になるのは危ない。なぜなら遊ばれてしまう可能性が高いから。でも、イケメンも30代を超えると落ち着いてきます。今回は“実は狙い目な30代イケメンを手玉に取る方法”をご紹介します。

文・塚田牧夫

発言を笑ってあげる

イケメンは子どものころからモテてきています。だから、面白いことをして女の子を振り向かせる必要なんてなかった。なので、この“面白さ”においてイケメンは劣っている人が多いんです。

今まではたいして面白いことを言わなくても、女の子たちは笑ってくれたでしょう。でも、30代になってくると、周りも本質を見抜き始めます。するとイケメンも自分の面白くなさに気づき、コンプレックスを感じ始めるんです。

だから笑ってもらえると、救われたような気分になるんですね。

気持ちをストレートに伝える

イケメンにはいろんな女性が近付いてきます。好意を持った女性がわんさかと押し寄せてきます。すると、好意に対する感覚が次第に麻痺。とんでもなく鈍感になってしまうんです。

だからイケメンは、女性の多少の好きアピールではビクともしません。もっと大胆かつストレートでなければいけません。相手がイケメンだからって臆せずに、強気に、ねじ伏せるぐらいの気持ちで好意を伝えましょう。

能力を褒める

イケメンだって努力はしています。でも、褒められるのはいつも外見ばかり。30代はそんな状況に飽き飽きしてくるころです。ただチヤホヤされても嬉しくありません。

30代になると仕事でも成果をあげていきたい時期。でも、なかなか上手くいかないこともある。そんなときに、能力を褒められるととても嬉しい。「こいつ、分かってくれてる」と思うわけです。

家庭的な雰囲気で迫る

イケメンはいろんな女性と付き合ってきた確率が高いです。経験豊富な男性が多い。でも、沢山の女性と接してきたことで、本当は自分にはどんなタイプの女性が合うのか見失ってきているところがあります。重視するのは容姿? 性格? といった感じで。

そんなとき、基準となる人物がいます。一番身近な存在。そう、母親です。母親と言えば、家庭の象徴。料理ができて綺麗好きなどの要素を持った、将来のビジョンが描けるような女性に惹かれるのです。

実は狙い目な30代イケメンを手玉に取る方法を紹介しました。

好きになった相手がイケメンだったとしても、早々に諦めてはいけません。イケメンにはイケメンにしか分からない悩みがあります。そして隙もある。そこをうま〜く突いてあげれば、意外と簡単に落ちますよ。

(C) Antonio Guillem / Shutterstock(C) Kar Tr / Shutterstock(C) Matej Kastelic / Shutterstock(C) Phovoir / Shutterstock