太っちょ野良猫、ネットで大人気 ※海外メディア「Huffington Post」のスクリーンショット

写真拡大

 太っちょの野良猫がネット上で人気だ。猫の画像をフェイスブックに投稿したのはアメリカ、ノースカロライナ州の都市ピッツボロにある動物保護施設Chatham County Animal Shelter。オスで体重14.2kgのその猫は、7月17日に同施設に連れてこられた。野良にもかかわらずたっぷりとしたお腹に愛嬌のある表情で、その投稿には1万9000以上の「いいね!」が寄せられ、1500回以上シェアされている。海外メディアHuffington Postが伝えた。

【関連】イケメン×かわいいネコ 写真展『ねこカレ』フォトギャラリー

 「かわいがられるのが大好きで、ブラシ掛けも大好きです」「本当にいい子です」と同施設のスタッフ、ティファニー・フーシー氏は語る。

 フーシー氏によると、「ミスターハンサム」と名付けられたこの太っちょ猫はある男性により施設に連れてこられた。それまでの2、3日、ミスターハンサムはその男性の家付近で過ごしていたとのこと。

 ミスターハンサムは犬小屋にも収まらないサイズのため、現在同施設の休憩室で過ごしている。もし次の月曜日までに飼い主が現れなければ、里親が公募される。またその場合、里親は獣医の指導のもとミスターハンサムの体重管理をすることに同意しなければならないそうだ。

 フェイスブックでの大反響を踏まえ、仮に里親募集が行われた場合には多数の応募が予想されている。