出場機会を求めるガビゴル、レンタル先はベンフィカに決定か

写真拡大

 インテルに所属するブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ、通称“ガビゴル”がベンフィカにレンタル移籍することが濃厚のようだ。25日付でイタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が報じている。

 昨シーズン、サントスからインテルに推定2950万ユーロ(約38億円)の移籍金で大きな期待とともに加入したガビゴルだが、思うようなプレーができず、わずか9試合の出場にとどまった。

 ガビゴル自身もクラブ側に不満を抱いているとされており、今シーズンは出場機会を求めレンタル移籍することが濃厚と見られていた。

 そこで候補に挙がったのが、ポルトやスポルティング、ベンフィカなどのポルトガル勢だ。

 当初はスポルティングが受け入れ先として有力視されていたが、インテルが給料の肩代わりを拒否したことや、ガビゴル自身がベンフィカへの移籍を望んだことで、同クラブに1年間の買い取りオプション無しのレンタル移籍することが濃厚となったようだ。