「魔法陣さえ描ければ、誰でも魔法を使うことができる。」主人公・ココは “魔法使いだけが知る秘密”を知ってしまう。

写真拡大

 まず、本作を一目見た瞬間に、絵の美麗さに目を奪われます。魔法に溢れた日常も、風景も、人物の表情も、すべてがキラキラしていて、モノクロなのに、まるでカラーを見ているような気がします。

 そして、この美しい絵で紡がれるのは、少女の冒険という王道の魔法ファンタジー。ですが、そのストーリーには、ちょっと変わった設定が。
 それは「魔法陣さえ描ければ、魔法は誰でも使える」という驚愕の事実! かつて、おぞましい魔法が人々を恐怖に陥れた悲しい歴史から、限られた「魔法使い」と呼ばれる人達だけが、この事実を絶対の秘密として、魔法陣とともに受け継いでいるのです。

 物語は、主人公・ココが、その絶対の秘密を知ってしまうことから始まり、大きく展開していきます。

 丁寧に描かれたストーリーはもちろん、“光”に溢れた作画により、逆に作中の“闇”の部分が引き立ち、物語に深みが増しているように思います。

 光と闇が絶妙に表現されたこの世界観に、読めば引き込まれることうけあいです。

とんがり帽子のアトリエ

レーベル:モーニング・ツー
出版社:講談社
著者:白浜鴎▶作品の紹介ページ▶試し読みページ▶今読んでほしい新作マンガバックナンバー一覧

(C)白浜鴎/講談社